不倫を求めて徘徊する人妻たちと出会い

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

最終更新日:2016年5月12日
不倫人妻 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像SNSには、不倫目的と思われる人妻さんが沢山在籍しています。適切なサイトでうまく誘えば即エッチもそれほど難しくありません。

表向きは気晴らしとか暇潰しとか言ってますが既婚者がSNSサイトに在籍している場合、不倫相手を探していると考えてまず間違いありません。

私は別に不倫を否定しているわけではありません。

よく不倫はけしからんなどとまことしやかな論理?を宣う自称良識人という厄介な輩がおりますが、こういう連中に限って不倫する機会が訪れるやいなや、いとも簡単に自説を殴り捨てセックスの快楽を貪るものなんです。

まあ、実際のところ管理人も不倫を特別支持しているわけではないのですが、必要悪であり個人の自由であると考えております。
 

ちょっと話しが脇に逸れましたがSNS出会い系サイトに不倫目的の人妻が多い理由の一つが男性会員が対応してくれる確率がmixiなど一般SNSに比べて高いからです。まあmixiの決して少なくありませんが。

不倫人妻と出会いやすいサイト

ハッピーメールあたりが、特に不倫人妻が多い気がします。相性もあるのでしょうが、管理人が過去に一番人妻と出会えたのがハッピーメールでした。

ハッピーメールはポイント制出会い系サイトのため、男性会員は何かアクションを起こす度に料金が発生してしまいます。

そのため、人妻はあまり歓迎されず供給過剰になっているのがハッピーメールをはじめとしたポイント制サイトです。ただ援○目的が多いのがポイント制の欠陥かも知れません。

様々なネットサービスで最も簡単確実に不倫人妻と出会えるのがポイント制の出会いサイトです。

▼不倫人妻との出会いに激おすすめ▼

定額制は不倫に適さない

では定額制の方がいいのか?定額制の場合はいくら使っても料金が変わることがないため、特別に人妻探しをしている人でなくても構ってくれるため人妻たちもそれなりの競争率があります。

なので、それほど簡単GETというわけにはいきません。ラブサーチは以前、不倫人妻と出会いやすかったのですが、しばらく前にプロフィールから既婚・未婚の項目がなくなってしまいました(;´Д`)

そのため、既婚者をプロフィールから探すことが困難になりますます不倫に適さなくなった気がします。

日記やチャットといったSNS機能を好む人妻

先ほど定額制は人妻との出会いに向かないと言いましたが、機能によっては適しています。機能とは日記やブログです。

チャットやブログといった機能で既婚者でも自然に異性と仲良くなれる機能があるサイトが不倫向きサイトです。公然と不倫相手を募集する人が男女を問わず多いことも定額制SNS機能の特色です。

ブログに毎回欠かさずコメントを入れタイミングを見てメールすると即OKな人妻が結構います。もちろんエッチしたいというメールは嫌がられます。お茶飲みに行きませんか?くらいがいいでしょう。

お茶でOKならだいたいエッチもOKだし、継続関係になれます。ただその日のうちにヤレるとは限りません。ブログ経由は焦らないことが鉄則ですね。

不倫専門サイトは出会えない

不倫を専門とするサイトが増えました。人生に一度不倫しませんか?とか奥さんにうんざりした男性に良報ですとかいって会員を募っています。

こういうサイトは全てではありませんが多くが詐欺サイトです。人妻とヤルのは簡単と思ってる男性心理に付け込んでるわけです。

また、詐欺でなくても非常に高額だったり、女性が謝礼を受け取るシステムになったサイトもあります。こういったとこは女性が本当に人妻かどうかすら疑わしいのです。

多くの夫婦がセックスレス

夫婦の90%以上がセックスレスだと言われています。早い人で結婚後数ヶ月で、遅い夫婦でも3年でセックスレス化すると言われています。

もっと早い場合は付き合っている段階で、つまり入籍時にはすでにレス化していることもあるそうです。原因は様々なのですが、日本男性がセックスがあまり強くないことが一番大きな要因と言われています。

なので、ある程度セックスを重ねると飽きてくるというか、やる気がしなくなる男性が多いわけです。

本来は女性側がその点を踏まえ、あれこれ工夫して飽きないようにしなければならないのですが、日本女性はそのようなことを嫌う人が多く、そのためどうしてもレス化してしまうわけです。

彼女たちが不倫相手を探す場所は出会い系

不倫人妻2 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像そんな主婦たちが欲求不満を解消するために出会い系サイトへ登録してきます。

また、男性もただ奥さんとのセックスに飽きただけで、性欲がなくなったわけではありませんので、やはり欲求不満を解消するために出会い系サイトへ登録する人が多いです。

ただ、男性の場合は出会い系より風俗店へ行く人が多いため、出会い系での不倫といえば人妻が圧倒的に多くなります。管理人はあるサイトで、男女両方の既婚者数を調べてみたことがあるのですが、圧倒的に女性が多かったですね。

出会い系はどちらかというと男性会員の方が多いのが普通ですから、比率で言えば圧倒的に女性の不倫希望者が多いことになります。

年代でいうと30代が一番多い気がします。いわゆる熟女と言われる人たちです。20代の人妻はいるにはいますが比較的少ないです。

いずれにしても、女性の場合探す場所があまりありませんで出会いサイトやSNSで探す人がほとんどです。ですので、エッチのみを目的エッチのみを目的にするなら人妻狙いが妥当であるということになります。

ただし、絶対に『欲求不満なの?』とかこれに類する余計なことを言ってはいけません。向こうから話題を振ってきたならともかく、こちらからはセックスのセの字も出さないことが秘訣です。

不倫する場合に気をつけること

当然の話しですが、不倫が発覚するとろくなことになりません。離婚・高額慰謝料を請求される、あるいはお堅い会社に勤務している場合、左遷させられる可能性もあります。

そのため、不倫するなら絶対に発覚しないようにしなければなりません。不倫相手を探す場合は、出会いサイトで探せば匿名性が高いため発覚することはまずありません。

ただ写メをプロフィールに貼るような愚行をしないようにすることは言うまでもありません。問題は不倫をしている過程ですね。。

実際に度々密会するわけですから、誰か知り合いに見られる場合もありますし、配偶者が不倫を疑って調査会社などに調査を依頼することもあります。

そこで、不倫をする場合、発覚しないように配慮する必要があるわけなのですが、まず自宅からなるべく離れた普段は行く可能性が少ない場所で密会するようにします。

次に待ち合わせ場所は、ホテルのロビーなどにしておいた方がいいです。不倫をしていて、最も不味いのが、ホテルに2人で入るところを見られることです。

食事などをしているところを見られたとしても、いくらでも言い訳は利きます。ですが、ホテルに入るところを見られた場合、言い逃れが利きません。

特に盗撮などされたら目も当てられません。見られただけなら、人違いだと突っぱねることも可能かもしれませんが、動かぬ証拠を押さえられたらもうどうしようもありません。

ですので、出来る限りホテルに2人で入ることは避けた方がいいですね。

次に、メールです。不倫発覚で一番多いのが、配偶者にメールをチェックされることです。そのため、メール対策は必須事項です。一番簡単なメール対策は、メールを読み終わったら即刻削除してしまうことが一番確実です。

最後に、これが一番重要なことなのですが、1人の相手と長く付き合わないことです。長く付き合うと、段々警戒心も緩くなり、これくらい大丈夫だろうと公然とホテルに入り発覚するケースが多いです。

おすすめSNSSNS出会い系サイト


コメントは受け付けていません