不倫にも愛情を求める人妻

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

昨日に続いて不倫がテーマです。

出会い系サイトの利用目的は非常に多岐に渡っていますよね。
暇つぶしの人もいれば、日記を書く人、恋人を探す人、婚活をする人、そして、浮気相手や不倫相手を探す人、…。
人それぞれであり、その目的の理由も様々です。
納得できる理由もあれば、「えぇ~、それはあり?」と言いたくなるものもあります。

特に不倫や浮気が目的の人達の理由は首を傾げたくなるものがあります。
それにともなう様々なリスクは、最終的に本人たちが背負うので他人がとやかく言うことではないとは思いますが、…。
外から見ていて「それはちょっと無くない?」というシチュエーションがあり、関わると後がちょっと厄介という人達がおられますね。

私は独身なので、相手が独身かバツありならば、さほど問題は無いのですが、人妻さんが相手となると気持ちのハードルが高くなります。
私には過去に人妻と付き合った経験がありますが、厄介なことになった経験があります。

人妻さんが不倫相手を探す目的には、多種多様なものがあると思いますが、総じて夫への愛情が薄れている感が否めません。
一方で夫へは不倫の事実を隠したいという気持ちが強いのも事実のようです。

夫への愛情が冷めてしまっている理由も様々なようです。
夫が不倫をしている、構ってくれない、性格の不一致、性的趣味の不一致、DVをする、稼ぎか悪くて愛想を尽かした、等など。
不倫を知られたくないという裏には、現在の収入源を維持したい、離婚調停を有利にしたい、など、現状がある程度有利であることを認識していることがあげられます。
不倫が発覚すればこの有利な状態は瓦解する訳で、下手をすれば最悪な生活に追い込まれてしまいます。

考えてもみれば、結婚相手の条件として、いい会社に勤め稼ぎが良く、学歴がある程度あり出世が見込める、欲をいえば見栄えも良い、そんな男を結婚相手にしたいと考えると思うのですが、何かの切っ掛けで夫への愛情が覚めてしまい、他者に愛を求めるとなると、一途に愛したい愛されたい相手を求めると思うのです。
しかし、一方で現状は維持したいという矛盾を孕んでいます。

不倫にも愛情を求める人妻 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
 

夫婦の両者が不倫をしているならばいざ知らず、一方のみが不倫をしている場合は、不倫をしている側に裏切りの暗部があると思う訳です。
夫が不倫している場合は、妻を単に家政婦か保育士ぐらいにしか認識していなとか、妻が不倫している場合は、夫をATMぐらいにしか思っていない等のように、…。
何れにしても、愛情は冷めているとしても、一定の利益があるので現状は維持したいと考えるようです。

自分を有利な状況に置いた上で、不倫相手に愛情を貪欲に要求したりする人が多いように思います。
密な連絡を要求したり、貪欲な肉体関係を要求したり、長時間の逢瀬を要求したり、多額の金銭やモノを要求したり、…。
婚姻関係に生活基盤が保証されている中での不倫だからそうなるのかもしれませんが、貪欲になればなるほど裏切りの度合いは深まると思うのです。
不倫相手の配偶者をも傷つけているのに罪悪感すらないように思います。
端から見ていると、本人はそのことに向き合うこと無く逃げているように見えます。
やけっぱちになっているように見えまし、とても自分勝手なようにも見えます。

多分、薄らと罪悪感を持っているんだと思いますが、それが不倫のスパイスなのかもしれず、そのスパイスを楽しんでいるとしたら、「それはちょっと、…」となります。

妻帯者が相手の不倫の場合、いつでも逃げ帰ることができる家庭があるのは卑怯だと思いませんかね。
不倫が破綻する頃はきっとそう思うに違いないと考えます。
それゆえ、破綻した時の復讐や落胆は激しいと思うのです。
妻帯者の上司と不倫したOLの末路が不幸になることが多いのは、そういうことなのではないでしょうか。
 

芸能界で不倫問題が多発して以来、不倫をなんとなく「容認する雰囲気」が出てきましたが、「容認する雰囲気」の本質は「マスメディアが当事者間の問題である不倫を頻繁に取り上げることを自制しろ」ということであり、不倫自体が容認された訳ではないと思うのです。
結婚相手を変えたいのであれば、手順を踏むのが正攻法だと思うのです。
 

この日記に書いたことは、一方的な価値観ではあります。
ただ、不倫を積極的に肯定するには些か抵抗があることの表明に過ぎません。
世間には色々な考えがあることも承知していますし、不倫を肯定する社会的グループが存在することも知っています。
男女の恋愛が倫理や道徳、法律に縛られるものではないことも知ってはいますが、社会の一員である以上、できるだけ他者を不幸にすることには関与しないという自制心が求められると思うのです。

SNS出会い系サイト


コメントは受け付けていません