過去に愛した女たちをちと回想

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

個人的な今までの経験、気持ち、個人的に思う事を暇なときに綴っていくので、共感、興味、同じ気持ちや考えの方が読んでくれたら嬉しいかな。

俺という男とは。

SNSや出会い系がない時代の方が上手くいってた気がする。

15歳に初めての彼女が出来てから30年、色んな女子、女性と付き合ってたかな、20歳までは彼女を作って付き合ってというよりも若かったからただ、ただ気持ち良くなりたいエッチがしたいだけ、女性をまさぐりたいだけ(笑)だったかも(笑)

そのなかでも2人、俺のエッチな方向性?、本性?Sな部分を引き出してくれた彼女達。

俺自身がカッコいい訳でもモテる訳でもないけど、友達とタイミングとが良かったのか女性と切れる事がなかった。

俺は好みの女子の許容範囲が広かった?好きになる女子の好みが見た目じゃなく性格や俺への想いが感じれる子を徐々に好きになるのが付き合ってきた彼女達になるのかな。

背が低い子や高い子、細い子やぽっちゃりした子、胸が小さい子や大きい子、顔が可愛い可愛くない関係なしで相性で選ぶ。
小学生や中学生の頃そばかすやぽっちゃりしてたり男子からからかわれたり苛められたりされる子でも、俺は気にしないし普通に喋ってた。

話をしてても普通だし、楽しいし良くしてくれたから、いじめとか加担しなかった。

好みの女子はいたけどそれはあくまで理想であってアイドルと一緒で手の届く女子と思ってなかった。

相性が良い子、一緒にいて疲れない楽な子、俺に合わしてくれる子を選んでたから、友達や遊び仲間から何となく二人で遊んでなんとなく良い感じになって、なんとなく付き合ってるみたいな感じになってたかな。

あとは遊んでて友達の友達の知り合いの女の子がちょっと好みだから俺を紹介してみたいなパターンが付き合う女子達だったかな。

それとは別に一夜限りのナンパや出会ってが彼女がいても夜に遊びに行ってる時に何度もあったし、セフレみたいにお互いがやりたいときにあってた女もいた。

過去に愛した女たちをちと回想 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
 

高1の時に出来た最初の彼女は先輩がナンパしたけど好みじゃなかったから俺に押し付けた子だった。

その子は中3でナンパも初めてで戸惑ってたけどなんか少し大人になった感じがして嬉しかったみたい、学校や塾での男子しか回りにいないししらないから年上で高校生に声をかけられて戸惑いの中に恥ずかしさや嬉しさ色んな事を考えてたみたい、お互い対等の立場というよりも何でも言う事を聞き従う感じだった。

だからといって俺が命令や服従させるとかではなく普通に会話して、遊んで、デートして何回目かのデートでキスをした。

キスとは不思議なもので、今までのぎこちなかったお互いの距離や態度がグッと近づいて、こちらから手を繋いだりしてたのが彼女から手を繋いできたり、腕を組んだりしてくる様になって、態度が明らかに変わった。

キスは他人から恋人に変えるものだし、触られるという抵抗する部分を解かれる行為だと感じた。

そこから若さもあるけど、早かった(笑)、キスをしながら胸を触り、拒否がなければあとは最後まで行くだけだった。
だけど、最後までするには場所がない。

中高生がラブホに行くには金銭的に厳しい、二人きりになれるのがお互いの家に行って部屋でするしかなかった。

彼女は一人っ子で親は共働きで夕方までは家にだれもいないという幸運があり、部活帰りに彼女の家に行って、イチャイチャする様になった。

俺は彼女と出会う前にもう経験済みだったので、エッチについては経験と共に余裕があったので、彼女の胸を服の上から、下着の上から触り揉み、感じてきても胸だけで何度か終わらせた。

部活帰りに彼女の家だと母親が帰って来ていて、それ以上は出来なかったからなんだけどね。

多分その時彼女は次に進みたいと思ってたと思う、触られて感じてるのは明らかだったけど、焦らしてみたい、彼女からその先をしたいと言わせたいと思ってしまった。

それは彼女がMで俺がSである最初のきっかけであったと今は思う。

焦らす事に、言葉で彼女を煽る事によって、彼女は恥ずかしがりながらもキスを求め気持ち良くなり感じてる姿に興奮を覚えた
彼女と付き合い初めて二ヶ月位たった頃、彼女の親が法事で一晩あける週末があると連絡が彼女からあった。

彼女がその日遊びに(泊まりにとは言えないけど)来てと言った。それはその日に彼女は俺に処女を捧げるつもりだとわかってた。

彼女の親が法事で出かける頃をみはからっておじゃまして一晩共に過ごした。

SNS出会いサイト人気ランキング


コメントは受け付けていません