ネットストーカーに合った場合の対応策

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

最終更新日:2016年8月15日

出会い系サイトやSNSにはネットストーカーなる忌まわしい存在がいます。通常、ネットストーカーは男性ですが、女性の場合もあります。

リアルのストーカーであれば、振られても諦められず何とかならないものか付きまとうという理由がわかりやすいものですが、ネットストーカーは全く意味不明な連中です。

一度も会ったことがない相手に対して粘着し続けるわけですから、どう考えても正気の人間ではありません。

確実に精神を病んでいるとしか言いようがなく、相当危険な存在と言っていいでしょう。困ったものです。

なので、絶対にネットストーカーに個人情報を教えてはいけません。頭がおかしいわけですから、個人情報を知られるとリスクが高いです。
 

大手のSNSサイトにはアクセス禁止の機能がありますので、万一ネットストーカーに遭遇してしまったら、即刻アク禁してさよならすることがベストです。もしくは、一回退会して再登録してIDを変えてしまうことです。

ネットストーカーに論理は通用しませんので、『付きまとうことを止めて欲しい』などと話しをしても無駄なことです。相手にしてあげることで返って助長してしまうこともあります。

アク禁、完全スルーが最良の対応策です。直アドや電話番号を知られている場合は変えた方がいいでしょう。

他のページでも申し上げている通り、ネットトラブルの最良の解決策は完全スルーです。とことんまで完全スルーすれば被害を受けることはまずありません。

間違っても相手にしてあげるようなことや論理的に話し合うなどという愚行をしてはなりません。ストーカーに限らずネットトラブルには一切、対応しない・説明しない・議論しないの三ないこそが問題解決の最善策です。

ネットトラブルをリアルでのトラブルと混同して対応することで問題を大きくしこじれさせてしまう場合が多く注意が必要です。

ツイッターや2ちゃんねるなども、自分に不都合なことは見ない・相手にしない・完全放置を推奨しています。

くれぐれも、キチガイをお相手してあげて喜ばすようなことがあってはなりません。

ネットトラブル対応イメージ -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
 

余談ですが、以前に法務省がブログ会社のログイン画面などに、『書き込みは人を傷つけることがあり注意してください』などという実にくだらないメッセージを掲載していますが、全くもって馬鹿馬鹿しい話しといっていいでしょう。

インターネットというところは、不都合な書き込みは見ないというのが大原則であり、傷つくような書き込みをいちいち見る人間に責任があり、書き込み者に責任はないのです。

責任の全ては見た側にあり発信者には一ミクロの責任もないのです。見なければ何も存在しないのがネットの世界なので、いちいち書き込みに気を遣う必要は全然ありません。

そういう勘違い甚だしい大きなお世話を焼く輩がネットストーカーを助長しているということを知るべきです。知恵遅れと言った方がいいかもしれませんね(;´Д`)

出会い系SNS人気ランキングTOP3


コメントは受け付けていません