• Category Archives ブログ
  • 友だちの条件

    友だちの条件 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像

    友だちは大切ですか?
    わたしは仕事も趣味もひとりでやってきましたし、一番苦しかったときもひとりで乗り越えました。
    厳密にいうと親の支えがありましたが、他人には何の助けも影響もなかった人生です。
    だから他人といる時間というのが無駄に思えて仕方ないです。
    店で常連客と話してるときも苦痛以外のなにものでもないです。
    苦痛で無駄な時間ですが、仕事だからと自分に言い聞かせ耐えてます。

    しかし、ときに孤独が痛苦になったりします。
    また、なんとなく誰かと飲みに行きたくなったりもします。
    そんなとき、友だちがいるといいかもと思います。
    所詮、自分はちっぽけなひとりに過ぎないのです。

    友だちを作る場合、基準となるのが自分です。
    自分を中心に考えて、それに見合うかどうか価値判断します。

    ちなみに友だちとは同性間のフランクな人間関係意味し、異性間における友人関係は恋愛感情がまずありきなので、最初からの異性の友だちなどは生理学的にあり得ないと考えます。

    さて、友だち作りですが、まず収入や資産などが自分以下の人はその人の人生を疑います。
    わたしは至極まっとうに普通に生きてきたつもりです。
    むしろ出費は人より多いから、普通の人はわたしより多く蓄えがあるはずです。
    もちろん、結婚して家族を養ってるなら話は別ですが。
    だから普通に生活していれば、わたし以上の経済力はあるはずです。
    なのに、わたしより低い生活水準を理由なく送ってる人は不真面目かテキトーに生きてきたからそうなったと考えて、友だちには不適格です。
    普通に学校を卒業して、仕事に就き暮らしていれば、決してサラ金などから借金したり、生活保護を受けたりしません。

    趣味がない人も論外です。
    そんなつまらない人と一緒にいても何のリスペクトもないから、まさに時間の無駄です。
    ギャンブルが趣味という人も話にならないです。

    次に性格的なところで合うかどうか。
    社会生活不適合者はわたしには合いません。
    人の迷惑をかえりみない人や人を不愉快にさせる人など、他人のことを考えない人は話すだけでストレスです。

    身なりも大事です。

    洋服や身なりに無頓着な人は他人への配慮に欠けるし、汚い人は不快になります。
    臭いは自分では気付かないかも知れないですが、だからこそ常日頃からケアしないといけないです。

    これらに照らし合わせて、考えると日本において友だちにしたい人などほとんどいません。
    だからひとりで行動する方がいいという結論に達します。
    実際、価値ある人や影響を受ける人なんて滅多といませんから。
    今までも自分で開拓してきた人生だから、これからも自分で可能な限りやるしかないと思います。

    とはいえ、そんなことを深く考えていては人間関係は成立しません。
    だから直感的な部分であったり、何も考えずに付き合いをしていく場合もありますが、それは20代まででした。
    今は自分を最優先に考えてしまうので、少しでも疑いや不快な部分があると次に会う機会はありません。

    趣味や価値観において合う人はわたしには稀有な存在です。
    アート鑑賞で芸術に精通し、海外旅行を余暇の楽しみとし、定期的にジムでカラダを鍛え、ファッションにもこだわりを持ち、太宰治を愛す、そんな人を探してますがもちろんいません。
    あくまで理想にすぎませんが、自分を基準にする以上はこういう人を友に持つと楽しいと考えます。

    みなさんには友だち基準はありますか?
    ないなら、わたしは作るべきと思います。
    つまらない人との付き合いで大切で短い人生を浪費しないためにも必要な線引きです。

    SNS出会い系サイト



  • セカンドパートナー

    結婚している、恋人(彼氏彼女)がいる。

    それだけじゃ、なんて思ってるのは、相手にとってとか、非常識とか、受け入れられないと言われるのは分かってる。

    でも、考え方、思いは人それぞれ、どういう理由でどうしてしてるかが大事。

    人生は一度きり、後悔すらなら、後悔する前に行動しないと、後々それがしとけば良かったと思いが残ってしまう。

    セカンドパートナー -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    結婚相手、彼氏彼女とは仲が悪い訳ではないけど、今、もう少し何かを足される事によって普段の生活も充実して楽しく過ごせると自分では思ってる。

    性欲の為、相手が誰でもいいという遊びなのは浮気や不倫であって、セカンドパートナーとは俺は違うと思う。

    お互いの事を考え、信用信頼し、負担をかけない関係がセカンドパートナーかななんて思ってる。

    お互いの空いてる時間、LINEも電話も相手の生活に支障のないタイミング、ちゃんと決めてちゃんと守る。

    思いが強くなって、好きな気持ちを押さえられなくなって、回りが見えなくなって暴走したら、昼顔じゃないけどドロドロの深みにハマってお互いの心が離れ終わってしまう。
    そのままお互いが離婚や別れて、一緒になったとしてもまた次の相手を探して同じことの繰り返し。

    程よい距離感と程よい気持ち。

    セカンドパートナーをもつということは、わがままで贅沢で身勝手なこと。

    だから妥協もしないしちゃんと分かり合える相手を求めて。。

    SNS出会い人気ランキング



  • ある出会い系女性の切なる想い

    ある出会い系女性の切なる想い -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像

    わたしは要らないアレコレまでも思い出したりしてしまいそうで
    ここには来なくなった。

    このサイト(ハッピーメール)には、残念ながら思い入れが強すぎる。

    他に理由はない。
     

    少し変わったことと言えば、婚約者がわたしに依存しているひとで
    四六時中一緒にいるから1人になる時間が全くない。
    お風呂まで一緒に入る。
    まるで急に子供が生まれたみたいで、わたしは『覚悟』ってものを
    日々の生活に感じてる。

    あの子、わたしがつい自己投影している21歳の子。
    楽しそうに生きていればいいな。
    そんな風に期待して、ここに様子を見に来た。

    多分あの子が居なければ、わたしがここに来る理由というか
    言い訳が無くなってしまうから、マイペースに生きていてくれることに
    安堵しながらも、ほんの少し成長してここから彼女が居なくなってしまう
    彼女のしあわせな未来も想像してみたり。
     

    婚約と引き換えに貰った会社の運営をしている。
    それもまた1人になれない理由で、四六時中見張られている感覚の中生きている。
    挨拶と移動の繰り返し。
    わかりやすいお飾りなのだけれども。

    経営の大した才なく、ここに居られるのだから
    あとはひたすらビジネス書を読み漁って帳尻を合わせるか
    自分の奇妙な生き方を全うもせずに憂うか

    そのどちらかしかない。
     

    今のわたしは、このサイトに来たばかりの5年前に比べて
    しあわせのレールを踏み外さないよう
    慎重に生きていくことに専念しているし
    横道にそれる余地も与えられないこの少し窮屈な生き方を
    有り難く感じられるようになった。

    だから憂う文章を書くのは辞めて、ビジネス書を読み漁って
    吸収して作っていく身体で生きるという解が望ましいと思う。
     

    このサイトは笑顔に疲れたわたしが唯一悲劇に浸れる場所だった。
    ヒロインになれなくてもいいから、あの子を見守るためだけに
    席だけ取っておく。

    しあわせのスペクタクルを待っている。

    初瀬には腰掛けた美人がおりました。
    いつもの白い服を着て、拝む彼女は紛れるように
    普通の服を着ていて
    人混みの中、ずっと頭を垂れておりました。
    わたしは雪の日と、夏の日を思い出していました。

    SNS出会い系サイト人気攻略ランキング



  • 不倫にも愛情を求める人妻

    昨日に続いて不倫がテーマです。

    出会い系サイトの利用目的は非常に多岐に渡っていますよね。
    暇つぶしの人もいれば、日記を書く人、恋人を探す人、婚活をする人、そして、浮気相手や不倫相手を探す人、…。
    人それぞれであり、その目的の理由も様々です。
    納得できる理由もあれば、「えぇ~、それはあり?」と言いたくなるものもあります。

    特に不倫や浮気が目的の人達の理由は首を傾げたくなるものがあります。
    それにともなう様々なリスクは、最終的に本人たちが背負うので他人がとやかく言うことではないとは思いますが、…。
    外から見ていて「それはちょっと無くない?」というシチュエーションがあり、関わると後がちょっと厄介という人達がおられますね。

    私は独身なので、相手が独身かバツありならば、さほど問題は無いのですが、人妻さんが相手となると気持ちのハードルが高くなります。
    私には過去に人妻と付き合った経験がありますが、厄介なことになった経験があります。

    人妻さんが不倫相手を探す目的には、多種多様なものがあると思いますが、総じて夫への愛情が薄れている感が否めません。
    一方で夫へは不倫の事実を隠したいという気持ちが強いのも事実のようです。

    夫への愛情が冷めてしまっている理由も様々なようです。
    夫が不倫をしている、構ってくれない、性格の不一致、性的趣味の不一致、DVをする、稼ぎか悪くて愛想を尽かした、等など。
    不倫を知られたくないという裏には、現在の収入源を維持したい、離婚調停を有利にしたい、など、現状がある程度有利であることを認識していることがあげられます。
    不倫が発覚すればこの有利な状態は瓦解する訳で、下手をすれば最悪な生活に追い込まれてしまいます。

    考えてもみれば、結婚相手の条件として、いい会社に勤め稼ぎが良く、学歴がある程度あり出世が見込める、欲をいえば見栄えも良い、そんな男を結婚相手にしたいと考えると思うのですが、何かの切っ掛けで夫への愛情が覚めてしまい、他者に愛を求めるとなると、一途に愛したい愛されたい相手を求めると思うのです。
    しかし、一方で現状は維持したいという矛盾を孕んでいます。

    不倫にも愛情を求める人妻 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    夫婦の両者が不倫をしているならばいざ知らず、一方のみが不倫をしている場合は、不倫をしている側に裏切りの暗部があると思う訳です。
    夫が不倫している場合は、妻を単に家政婦か保育士ぐらいにしか認識していなとか、妻が不倫している場合は、夫をATMぐらいにしか思っていない等のように、…。
    何れにしても、愛情は冷めているとしても、一定の利益があるので現状は維持したいと考えるようです。

    自分を有利な状況に置いた上で、不倫相手に愛情を貪欲に要求したりする人が多いように思います。
    密な連絡を要求したり、貪欲な肉体関係を要求したり、長時間の逢瀬を要求したり、多額の金銭やモノを要求したり、…。
    婚姻関係に生活基盤が保証されている中での不倫だからそうなるのかもしれませんが、貪欲になればなるほど裏切りの度合いは深まると思うのです。
    不倫相手の配偶者をも傷つけているのに罪悪感すらないように思います。
    端から見ていると、本人はそのことに向き合うこと無く逃げているように見えます。
    やけっぱちになっているように見えまし、とても自分勝手なようにも見えます。

    多分、薄らと罪悪感を持っているんだと思いますが、それが不倫のスパイスなのかもしれず、そのスパイスを楽しんでいるとしたら、「それはちょっと、…」となります。

    妻帯者が相手の不倫の場合、いつでも逃げ帰ることができる家庭があるのは卑怯だと思いませんかね。
    不倫が破綻する頃はきっとそう思うに違いないと考えます。
    それゆえ、破綻した時の復讐や落胆は激しいと思うのです。
    妻帯者の上司と不倫したOLの末路が不幸になることが多いのは、そういうことなのではないでしょうか。
     

    芸能界で不倫問題が多発して以来、不倫をなんとなく「容認する雰囲気」が出てきましたが、「容認する雰囲気」の本質は「マスメディアが当事者間の問題である不倫を頻繁に取り上げることを自制しろ」ということであり、不倫自体が容認された訳ではないと思うのです。
    結婚相手を変えたいのであれば、手順を踏むのが正攻法だと思うのです。
     

    この日記に書いたことは、一方的な価値観ではあります。
    ただ、不倫を積極的に肯定するには些か抵抗があることの表明に過ぎません。
    世間には色々な考えがあることも承知していますし、不倫を肯定する社会的グループが存在することも知っています。
    男女の恋愛が倫理や道徳、法律に縛られるものではないことも知ってはいますが、社会の一員である以上、できるだけ他者を不幸にすることには関与しないという自制心が求められると思うのです。

    SNS出会い系サイト



  • 古今の日本人の生殖観念

    先日、どこかのネットニュースで知ったのですが、最近の高学歴女性の中には、面倒な旦那は要らないけど子供は欲しいという人が増えているとのこと。

    一方で、ネットを活用して精子を提供する男がいるそうで、しかも提供の方法に色々なオプションがあるとのことで、精子を何らかの容器に入れて提供する場合もあれば、場合によっては実際にセックスをして膣に直送するというオプションがあるそうでびっくりです。
    精子を容器に入れて提供する場合も、受け取った女性はどうするんだろうと考えてしまいます。
    産婦人科などの病院では当然そんな得体の知れない精子を使って人工授精をやってくれるとは考えられないので、受け取った女性は浣腸器のような器具を使って膣に流し込むのだろうかと想像してしまいます。
    希望する本人とっては深刻な問題なのかもしれませんが、不謹慎なことにアブノーマルな性癖の世界を想像してしまう私も変態なのでしょうか、…。
    何れにしてもこれらは有料で、いわば闇のビジネスのように感じますが、現在、このようなビジネスを取り締まる法律はないそうです。
    しかし、これはドン引きな商売です。
    利用する人はどんな人なんだろうと想像してしまいます。

    そこで、冒頭の旦那不要高学歴女子の記事が頭から離れません。
    精子提供の男どもは、一応、病歴や学歴など身元の細かい情報を精子希望者に公開しているそうですが、自分の人生や子供の人生にも大きな影響がありそうなことをそんな決め方で後悔しないんだろうかととても疑問です。
    どうやら、子供が産める期間が限られているにも関わらず、なかなか納得できる良い男に出会えないとなれば、とりあえず子供だけでも先に産んでおくという、非常に割り切った考えが根底にあるようなのです。
    良いと思った男が後から欠陥が見つかれば、何らかの理由をつけて離婚すれば何ら問題無しと、…。
    これは究極の割り切り方だなと恐れおののきます。

    古今の日本人の生殖観念 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    なんだか、日本の男女関係が崩壊し始めているような気がします。
    上記のような旦那不要女子とともに、草食男子・絶食男子のような男が増加しているそうです。
    50歳までに結婚しない男は20%に達しておりますし、女性も10%に達しております。
    私自身50代後半なので他人事ではありませんが、…。
    私の周りを見渡すと地方ではもっと比率が高いように感じます。

    前述の旦那不要女子たちのような女性たちは結婚そのものに価値や意義を見出していないのでしょうね。
    その点、男の方は結婚はしたいと思っている人は多いような気もします。
    結婚や夫婦関係あるいはその後の生活に対する考え方に問題があって結婚できなかったということで、したい気持ちはあったような気もします。
    若い男の中には、「結婚はコスパが悪い」と開き直る人も多いようです。

    生物学的に見ると男は、極端な話、生殖においてはただ一人いればいいだけなので、必然少数派となるのですが、医療技術を持っている人間においては男が有り余るのは自然なことではあります。
    しかも、中国のように親が勝手に経済的理由で男の子を優先するという不自然な生殖活動もあるので、自然界のバランスとは相反することになってしまいます。

    人間は社会を構成する動物であり、一人で生きていくことも難しい動物でもあります。
    そして、現代は、とりわけ現代日本においては男も女も動物的欲望が極度に低下しているんではないかと思います。
    日本の社会は幸せな人生を歩むには何かと障壁が多いもので、その障壁を打破するためには必然高スペックな男が求められる傾向にあり、その点において男は一抹の不安を抱えながらの競争を強いられる仕組みがあります。
    その競争に勝てそうもないと思ったり、その競争からの退避行動というか、あるいは競争による疲労感からの結果として、草食とか絶食となるのではないかと思うのです。

    一方で、このような男の競争社会に、男の評価尺度を持って参入しようとする女性は前述のような旦那不要女子になる傾向があり、男の評価尺度において自分と対等な価値を有する男しか受け入れたくないという考えがあると思われます。
    しかし、本来、男と女は性において異なる役割を持っており、その役割を平等にかつ正確に評価せねばならないと思います。
    それぞれの性そのものとその役割が、社会において不利になるような仕組みや尺度があってはならないと思うのです。

    「世界に一つだけの花」のように、個々人の個性そのものが評価されて、それが収入につながるような社会であれば、もっと良い男女関係を築くことができ、その結果出生率も向上すると思うのです。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング