• Category Archives SNSセックス考
  • SNSサイトのエロい女性たち!

    前戯に時間をかけない男は、セックスに手を抜いているだとか、自分の快楽ばかり優先して、女性の快楽を二の次にしてるだとか兎に角評判が悪い。

    一般的に、前戯をしない男にはマイナスイメージが付きまとう。挿れることばかり考えているのは、自分のチンコの快感が得られればそれで良いと思っているに違いない。

    しかしポルチオ逝きが出来るような「深いオーガズム」を知るようになると、前戯は不要になる。クリトリスを舐めようとしても、逆にフェラチオをしてくれる。男は仰向けに寝てればいいだけ。

    女性が咥えると、チンコがすぐに勃ち上がる・・・「もうすぐ、コレが入る」と思うだけで興奮するという。

    裏筋に舌を走らせたり、ジュッポ、ジュッポと首を振りなが口でやっているとマンコから愛液が溢れ、しっぽりと濡れてくる。だから前戯は要らない。すべてセルフサービスで欲情する。

    チンコがギンギンに天井を向くようになると、仕上げに手コキを少々してから、ひょいとまたがり、膣口にチンコをあてがい、腰を沈める。

    「あ~~!」という喘ぎ声とともに、膣肉がチンコにまとわりつく。騎乗位の場合は、挿入のタイミングは自分の好きなように出来る。「ねぇ、挿れてぇ~!」なんておねだりしなくていい。

    SNSサイトのエロい女性たち! -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    SNS『タフマン女たち』の「至福の時」とは、まさにカチンカチンのチンコを自分の中に咥え込む瞬間なのだ。

    彼女たちは、自分が楽しむのではなく、乳房を俺の胸に押し付け熱いキスの嵐を仕掛けてくる。首筋から、唇を降下させ乳首責めと、どんどん奉仕してくれる。僕のチンコは肉壺の中で、痛いほど硬くなっていく。

    時おり、腰を引き上げ、チンコが入っていることを目で確かめると、腰をゆっくり上下に動かして、チンコの出入りを見ながら恍惚したような目つきで僕を見つめた・・・

    深く何度も逝くことが出来る『タフマン女』のセックスは能動的なことが多い。なぜなら「愛されるより、愛する方が楽しい!」という“愛”の本質にある。

    「愛する」という能動的な愛のほうが、人生をより輝かせ、充実させる。SEXも受け身でいるよりも、じぶんから仕掛けていくほうが、より多く深く感じることを知っているから。

    「深いオーガズム」を体感すると、女はひと皮むけて、奉仕されるより、奉仕したくなる。その方が、より強く感じることが出来るし、何よりも大きくて硬いご褒美がもらえるからだ。

    でも、彼女たちは、自力でこんなエロい女になった訳ではない。最初は、SEXが嫌いだったかもしれないし「中逝き」も出来なかったはずである。

    男に、時間をかけて開発されたか、過去、男と「いいセックス」をしていく中で、自ら気づき学びとった結果だろう・・・どちらにしても、こんなエロい女性とのセックスは楽しいし、また何度でもしたくなる。

    彼女たちの過去の男たちに嫉妬するとともに、そんな男たち以上のセックスが提案出来る男になろうと思った瞬間だった・・・

    エロい女性というのは、男性を満足させるだけでなく、お互いに満足できる関係を維持するのが上手だと言われている。さらにエロというのは悪い意味でとらえがちだが、エロ を隠さないことで、セクシーな女へと変身することができたり、男性を魅了するような魅力を持った女性になることも可能となる。

    魅力的な女性がいたら、触れ合いたいと思うのは当然だ。せっかく体の関係を持つならお互いが同じ気持ちで楽しみたいし、女性が乱れてくれたら嬉しいものだ。

    SNS出会い系攻略ランキング



  • セフレとはいったい何なのか改めて考えてみた

    セフレって何だろうと
    これ、他の方の日記でも同じようなものを見たんですけどね。常々思っていたことで、

    会うときはホテル直行直帰で普段もやりたい時しか連絡は取り合わない、お互いのプライベートな事も必要以上は明かさないみたいなのが俗にいうセフレなんですかね

    それともセ「フレ」って言うくらいだし、セックスも出来る友達みたいな?だから遊びに行ったりもするしご飯も食べに行くし、普段から連絡も取り合う。
    でエッチなこともするのがセフレって考え方もありますよね

    自分は後者がいいなって思うんですよね。

    ただエッチをするために外に出るのも、多分相当性欲溜まってる時じゃないとそのためだけに外に出るモチベーションにはならないなと、、笑
    相手がアイドル並みにとか女優さん並みに見た目が優れていたら別なのかもしれませんが

    ]セフレとはいったい何なのか改めて考えてみた -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    はじめから1回きりの前提で会うなら尚更面倒くさいからそのために時間をかけたくないし笑
    結果的に1回きりになっちゃう事はあるのかもだけど

    セフレといえどある程度恋人に近い事も出来る人がいいなと、やっぱり気持ちがないと男も興奮しないですから(´・_・`)

    でもそこでふと思ってしまったんですけど、
    だったらセフレと言わず彼氏彼女を作る方向に動いた方がいいんじゃね?って笑

    既婚の方なら話は別ですけど、、

    難しいですな、関係性なんて後から着いてくるものだと思ってるから、
    最初からあなたはセフレです!とかって決めるのもナンセンスだよなとも思うし。

    だからとりあえず普通に友達が欲しい。

    SNS出会い系攻略ランキング



  • いかんともしがたい性の嗜好のスレ違い

    先日、PCMAXで知り合った方と2度目のお出掛けをして来た。
    割と話は合う人で、バツイチ子持ち、特に恋人は求めてないって人だった。
    割とサバサバしているかと思いきや、たまにメールで甘える感じが心地良く、でもイチャイチャはあんまり好きじゃないってタイプ。

    前回は初顔合わせだったのでランチだけのつもりが、結局お互いに惹かれあってホテルに行ったものの、相手の子供のお迎えとかの事情で長くは居られず。
    今回はその分を埋めるかのように最初からの予定だった。

    面倒なのでいろいろ割愛するが、セックスの相性は良かったのか、4回戦まで突入してしまい、最後にはクタクタに。
    相手も最後まで求めてくれて、セックスに関してはとても満足してくれたようだった。
    ただ、一つだけお互いに違っていたのは、相手との距離感だった。

    冒頭にも述べたが、相手はあまりイチャイチャするのは好まないタイプ。
    割とドライにセックスを楽しめれば良いって感じ。
    それに対して、オレはイチャイチャも含めてセックスを楽しみたいタイプ。
    恋人にはならずとも、一緒にいる時はそれに近いような距離感が欲しいし、心の繋がりがないとセックスも楽しめない。

    どうやら相手はそこに違和感を感じたのか、次の休みの約束はキャンセルしようと言われた。
    楽しかったし気持ち良かったけれど、少し違うらしい。
    こうして、2度目にしてフラれてしまったけれど、もし続けていたら、オレが違和感を感じ始めて、どっちにしても終わっていたのかな、とも思う。

    オレは一緒に時間を過ごす人とは、関係性はともかくとして、体だけでなく多少の心の繋がりも欲しいと思ってしまう。
    この人と一緒に居たいと思うから、セックスも燃える。
    逆に、この人と一緒にいたいと思えない人とは、楽しくセックスが出来ない。

    性に対する嗜好は人それぞれなんだと、今回改めて思い知らされた。
    せっかく良いなと思える相手と出会えただけに残念だが、今度は嗜好の近い人と出会える事を願いたい。
    そして、それがいつしか愛に発展するなら、それはそれで素敵だな。
    オレの場合、体から始まる愛の方が多いから。笑

    SNS出会い系攻略ランキング



  • セックスの上手な女性の思い出

    セックスの上手な女性というと、キスやフェラが上手とか、騎乗位の腰振りで男をイカせるとか、エロい雰囲気を持っているとかが分かりやすいと思います。

    でも、そういった事とは違う点で僕にはセックスが忘れられない女性がいます。その女性と知り合ったのはYYCというSNS出会い系出会い系サイトでした。

    その女性は見た目こそ美人系だったけど、フェラも騎乗位もごく普通で演技的な大げさなリアクションもありませんでした。

    何が忘れられないかというと、セックス中にこちらの意図をすぐに汲み取って、正常位をしようとすると足を開き目にしてくれたり、バックをしようとするとお尻を突き出してくれたり、いつもすごく自然な感じでアシストしてくれたんです。
     

    男も決してソープランドのような一方的なサービスを求めているわけではないけど、女性が協力的でセックスがスムーズにいくとすごく心地よいです。
    彼女と伊勢志摩に旅行したときは一晩中ずっと、何度したか分からないぐらいセックスをし続けました。

    ただ、ひとつ残念なのは彼女のセックスが素晴らしいことに後で気づいたことです。

    彼女の後に付き合った女性とセックスをした時に、何度回数を重ねても全然スムーズにいかなくてすぐに疲れてしまったり、セックス中に雰囲気が壊れるようなことがあったりして、その時に初めて彼女の良さに気づきました。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • 楽して出会った事に意味はあったのか?

    そもそも私が出会い系サイトを始めたのは、自分の老いを感じ始めた頃に男としての魅力がどのくらいあるのか確かめたくなった事です。

    人数的な事だけを見たら私は勝ち組だと思います。
    セックスもたくさんしましたし、セフレも何人も同時に作りました。
    当時はそんな自分はいわゆる
    「イケてる男」
    と自負していたのです。
     

    ではその結果、私がモテる男だとか魅力的な男だと言えるのか、疑問に思うようになりました。

    私が疑問に思った原因は、私が会った女性達のほとんどが私と同年代だった事です。

    もちろん同年代の女性達を軽んじるつもりはありませんが、今思えば同年代の女性達は私の事をただの
    「店外出張ホストサービス」
    としての需要だったのではないかと思うのです。
    しかも無料の。

    要は「都合の良い男」だったのです。

    そこそこの容姿でオシャレに気を使い、食事代やホテル代は出してくれ、自分の都合の良い時間に会いに来てくれる、非日常的な、若い頃のような気持ちにさせてくれる、そんな相手。
    そして刺激的なセックスしてくれる相手。

    既婚で旦那との生活に飽きている女性にとっては刺激を与えてくれる恰好の相手だったのではないか?と思うのです。

    極端な話、その条件さえそろっていれば別に私で無くても良かったはずです。
    その条件に当てはまる相手がたまたま私だっただけの事で、私の「個」はどうでもよかったのではないかと。

    そういう女性は当然、私と別れてもどうという事は無く、またサイトで別の同じような男を探したのでしょう。
     

    以前も書きましたが、私は出会い系全盛時には自分から女性にメールをした事がありません。
    プロフにそれらしい写真を載せ、女性に受けそうなプロフを書き、そして日記を書いているだけで頻繁に新しい女性からメールが届きました。

    「無料店外出張ホストサービス」の私に対して興味を持って、です。

    そして相手の希望通り会う約束をし、そしてお互い気に入った場合はセックスをしてきたのです。

    そう、タイトルの通り私は楽をしてたくさんの女性と会っていたのです。

    自分から努力して、自分が興味を持った女性に会った事はほとんど無いのです。
     

    私は会った女性達からいろいろな経験を得る事は出来ましたが、それと引き換えに自分の心は少しずつ削られ、乾いていきました。

    何人もの女性と会い、複数のセフレを作ってもついには満たされる事はありませんでした。

    そして自分を見つけるどころか、自分を失ってしまったのです。

    SNS出会い系サイト攻略TOPランキング