顔文字絵文字の使いすぎに注意

男性が顔文字や絵文字を使う場合に気をつける点についてです。

相手にもよりますが、男性が絵文字や顔文字を多用すると退かれてしまう場合があり注意が必要です。

特に絵文字の使用はリスク大です。

なるべくなら絵文字は使わない方がいいでしょう。

顔文字ならばそれほどのマイナスイメージはありませんが、男性の絵文字は退く女性が多いですね。

特にいい年したおっさんが顔文字絵文字多用では、ほぼ確実に嫌われることになります。

多少はあった方がいい

上記は一般論で顔文字や絵文字も使い方によっては絶大な効果を発揮します。

全く装飾がないただ文章だけが羅列してあるメールはなかなか女性の心を掴むことができません。

なので、ある程度は使用する必要があります。

しかし如何なる場合も多用は好まれることがまずありませんので、止めた方がいいです。

自信がなければ、文頭文末に1つづつくらいにしておく方が無難でしょう。

適切な顔文字絵文字の使い方

顔文字や絵文字はメールの文章や自分のキャラクターと合っていることが大切です。

ただ適当に使えばいいというものではありませんし、自己満であってもいけません。

あくまでも、相手女性がどう受け止めるかが重要なわけですから、いくら自分がいいと思っていても相手から退かれるようでは何の意味もありません。

ですから、どういう絵文字や顔文字が自分に適しているのか、あるいは使わない方がいいのかは知り合いのに聞いてみるのが一番です。

知り合いに聞けなければミクシーやグリーなどで聞いてみるといいかもしれません。

おすすめSNS出会い系サイト



コメントは受け付けていません