ネカマがいないサイト

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

最終更新日:2016年6月24日

ネカマによる犯罪が増えています。場合によっては取り返しのつかない結果になる場合もあるため注意が必要です。最近は出会いアプリに悪質なのが多いため厳重注意してください。

ネカマとは、姿が見えず素性がわからないネットワーク社会の匿名性を利用して、男性が女性を装うこと及び装っている人、またその行為。「ネットおかま」が略語化されて出来た言葉で、インターネット以前のパソコン通信時代から用いられている。法学者の白田秀彰によれば、インターネットの黎明期から男性が女性を装う事例は存在しており、(当時は女性の利用者が極端に少なかったこともあって)女性であると自称しているものがいればまずネカマであるか疑うのが常識であったという。

ネカマの対義語として、ネカマとは逆に「女性が男性を装う」ことをネナベという。「ネットおなべ」が略語化されて出来た言葉であり、ネット上の匿名性を利用する点でも共通である。

匿名の上に成り立っているネットワーク上で男女の判別に意味があるのかどうかはともかく、ネカマは一部の利用者には忌み嫌われている。しかし相手の積極的な協力がない状態で確実に判別する方法はなく、またネナベも存在することから、どの程度の利用者が現実の性と違う性を装っているかは結局のところわからない。

Wikipediaネカマより—

ネカマとは男性が女性になりすまし、日記を書いたり男性にメールを送ったり伝言したりする存在を言います。ネットオカマの略称です。

インターネットの世界では匿名で書き込みがなされ、身分の証明ができないため、年齢も、性別すらも詐称することができるのです。出会い系には一応年齢確認なるものがありますが、顔も性別も不要なためネカマ防止にはなりません。

出会い系サイトは基本的に男性が有料、女性は無料です。男性でも性別を偽って女性登録することで料金がかからず利用することができます。

ネカマの目的は愉快犯(暇つぶし)か犯罪目的かのいずれかです。多くが愉快犯です。女性になりすまし日記を書いたりして皆の反応を楽しむといったものがほとんどで大した害はありません。

問題なのは犯罪目的のネカマです。どんなことをするのかというと、女性になりすまし男性に接近して全裸画像を交換しようと持ちかけ男性の全裸画像をゲット。そして画像をネット上にばらまくと脅迫して金銭を要求するとったものが多いです。

ただいずれにしてもいい年した大人がネカマに翻弄されるなんてとても恥ずかしい話です。当然ネカマを避ける方策が不可欠なのですが。。
それほど簡単ではないのです。

ネットで検索すると『ネカマの見分け方』に関する記事が多くありますが、実際には見極めは限りなく困難です。特に犯罪目的なプロのネカマだとほぼ見極めことは不可能と思った方がいいです。

出会い系にネカマは少ない

ただネカマという存在は出会い系サイトにはそれほど多くありません。

ネカマが圧倒的に多いにはFaceBookやツイッターなどの一般SNSです。んでこちらは愉快犯は少なく多くが犯罪目的です。出会い系ネカマが裸体画像収集が多いのに対して、一般SNSの場合ビジネス系の詐欺に使われることが多いです。

インターネットというところは女性(特に美人写メを掲載する)は圧倒的に注目されます。それを利用して商品を売ったり広告へ誘導したりするわけです。

実際に管理人はツイッターで男性が女性看護師になりすまし看護師求人サイトへ誘導する悪質詐欺師を知っています。これなどは紛れもない犯罪です。おまけに前科があるらしいです(;´Д`)余談ですが。。

ネカマが一番多いのは出会い系アプリと某定額制サイト

現在LINEの友達やセフレを募集できる掲示板アプリやGPS系即アポ出会いアプリが人気です。これらのアプリはもうネカマだらけです。こちらの記事を参照してください。

全てネカマかどうかはわかりませんが、何かしらの成りすましであることは確かです。男女の出会いとは全然無関係なアフィリエイター、援デリ業者様々います。

次に比較的有名な某定額制の出会い系サイトにネカマが多いことが密かに知られています。登録のチェックが甘いためです。ただそのサイトにおいてネカマが暗躍するのはほぼブログとチャットのため、それ以外の機能であればほとんどネカマを問題にする必要はありません。

また、目的はほぼ愉快犯なため、出会いアプリ系のネカマのように裸体写メを取られたり、アフィリエイトでいかがわしいサイトへ誘導されたりする心配はあまりないようです。しかし出会いの大きな阻害要因であることは確かです。

まずネカマがいないのは電話番号認証があるサイト

一部の出会い系サイトには携帯電話番号認証があります。これはネカマ登録を防止するためです。(最近ではポイント制出会い系サイトのほとんどに電話認証があります)

携帯電話認証があるとまずネカマを筆頭とした多重登録はできません。

メールアドレスを複数保有することは可能ですが、電話番号を複数保有することは全くではありませんがまずネカマ目的にそんなことをする男性はいないでしょう。

従って電話番号認証があるサイトなら99%ネカマはいません。ですのでこういったサイトは出会える確率が極めて高いサイトです。電話認証というのは何となく抵抗があるのはわかりますがネカマのリスクを考えた場合あった方がいいものです。自動認証でサイトの人間と話すことはもちろん、その後サイトから電話がかかってくることもありませんので。。
管理人も複数のサイトで電話認証を行って5、6年になりますが電話がかかってきたことはありません。

ちなみに、ハッピーメールワクワクメールが携帯電話認証があるサイトです。この2サイトは管理人が長年検証しておりますが、やはりネカマの気配を感じたことはありません。

■ ハッピーメール
ハッピーメールキャプチャー -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
>>ハッピーメール公式サイトはこちら<<
 

■ ワクワクメール
ワクワクメールキャプチャー -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
>>ワクワクメール公式サイトはこちら<<

↑画像はクリックできます。
 

あるいは携帯アドレスが必要なイククルもネカマは極めて登録しにくいサイトです。携帯端末が複数ある人間は少ないためです。

次に女性も有料なマッチコムなどもネカマの心配はありません。

まとめると、出会い系サイトでネカマがいる可能性が高いサイトとは、『女性無料』で『フリーメール登録可能』なサイトです。登録が簡単であるほどネカマが多くなります。

ツイッター・Facebookはネカマの巣窟

ツイッターやFacebookが人気です。Facebookの人気は下降気味ですがツイッターの人気はうなぎ登りです。

そのため、ネカマの巣窟と化しているため注意が必要です。Facebookは一応実名登録ということになってますが、身分証明書が必要なわけではなく実名者など全然雀の涙くらいしかいません。9割以上が偽名だと思われます。

しかも、実名を強調する人間に限って実体がない偽名が多く注意が必要です。写真なども大部分は他人の画像でしょう。俺は実名だのこれは自分の写真だの言ってもネットには何も証拠がないことを忘れない方がいいです。

有名だから実名だとか全くありません。実名だと言い張る人気ブロガーなどほぼ偽名です。性別すら怪しいです。年齢詐称なども朝飯前、とにかく悪質なのが多いのがこれらのSNSです。

流行りものには蛆が湧くのがインターネットの世界でもう全然悪質なネカマだらけになっています。詐欺サイトや広告に誘導することがSNSネカマの特色です。

出会い系のネカマが愉快犯が多数なのに対して、SNSのネカマは詐欺目的がメインです。なので圧倒的に危ないと言えましょう。

出会い系SNS人気ランキング超優良


コメントは受け付けていません