出会い系日記は案外神経を使う

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

出会い系サイトの日記はジャンル設定ができるようになっている点が特徴ではないでしょうか。
予め設定されたジャンルを拝見すると、やはり「出会い」に関するものが多いと拝察しました。

出会い系サイトの日記ですから、出会いを話題にするのが王道と言えばそれまでですが、…。
出会い系サイトで外交問題を話題にしても筋違いなのは自明ではありますが、全くNGでもありませんね。たとえば、某国が多数のデリヘルを送り込んでいるなんていう問題は、出会い系サイトの日記のテーマにうってつけかもしれません。

ただ、あまり辛辣に書くと削除されたり、強制退会させられたりしてしまうかもしれませんが、…。
出会い系サイトの日記の制約は意外とシビアだったりします。何せ、警察から目を付けられやすいので、…。

会員が書いたものでも、対外的にはサイト運営者が矢面に立つことになるので、疑義のあるものは早めに芽を摘み取るという対応になるのでしょう。

出会い系日記は案外神経を使う -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
 

前回の日記に書いたように、出会い系サイトでは匿名性がある程度担保されるので、赤裸々な日記が書きやすくなっていると点が特徴ですね。
そのために、パートナーやセフレとの逢瀬の話題を日記にしたりする方もおられると拝察します。

また、アダルトなサイトであるということから、自身の赤裸々な性癖を述べられる方々もおられるのではないでしょうか。
出会い系サイトであれば、それが王道なのかもしれません。
 

さて、出会いが話題である以上、相手があることは当然だと思います。
逢瀬の日記を書く場合、お相手に承諾を取っているのでしょうか。

当然、個人が即座に特定されるようなことは書かないとしても、話しの内容から推測されてしまうというようなことはなきにしもあらず。
また、同時にアップした写真から場所が特定され、延いては人物まで特定されてしまうということもなきにしもあらず。

隠すような関係でなく、多少卑猥でも本人たちが幸せというならばいざ知らず、現実社会と異なるキャラクタを持って活動している方は隠したいのではないでしょうか。
2人の認識にギャップがある場合、どこまで赤裸々に書いて良いかは判断が難しいのではないでしょうか。

男の場合、多少曝されたとしても大して問題では無いかもしれませんが、女性の場合は少々ダメージが強いかもしれませんね。
もちろん、不倫だったりしたら男も女もアウトかもしれませんね。

SNS出会い系サイト


コメントは受け付けていません