シングルファーザーというのもいる

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

昨日は悲劇のシングルマザーについて書きましたが、シングルファーザーというのもいます。

先日の勤労感謝の日に朝の情報番組を見た。
オリラジの中田氏が出演している番組だ。
その番組の中で今年最も注目されたトピックスを取り上げていた。
その一つとして「ゲス不倫」があったが、その関連事項として中田氏が不倫に手厳しい批判を繰り返し述べたことが取り上げられていた。
多くの芸能人がプライベートなことだからそんなに批判しない方が良いと考えている一方で、中田氏がこれまでのキャラにそぐわない批判を繰り返したことが、逆に批判や心配を持って捉えられたとことがちょっとした話題になったというのだ。

それに対して中田氏は問題点のすり替えをして、旦那が不倫をしても旦那を許す妻がいることを話題にした。
番組出席者の多くは良くできた奥さんだとか、夫婦間の問題だから立ち入らない方が良いという意見だった。
これに対して中田氏は、妻が不倫をした夫を許す背景には離婚後の子供の養育費が不払いになることを恐れて離婚に踏み切れない事情があると訴えた。
中田氏ははっきりとは言わなかったがこの様な事情があるので不倫を批判する理由としているようだった。
加えて、中田氏は養育費の不払いをさせないような法的手段が検討されていることを述べていた。

中田氏の論法は少々支離滅裂な感じもしたが、養育費の支払いを強制させる制度が検討されていることは事実である。
案としては、夫の銀行口座や給与の差し押さえが検討されている。
欧米では既に何らかの制度により養育費支払いは強制されているらしい。

さて、夫の不倫が理由で離婚すると、多くの場合、子供に対する親権は元妻側に認められ、元夫に対しては養育費の請求がなされるのだが、日本の現状は悲惨なもので養育費の支払いが滞ってしまうケースが多く、女性が経済的に困窮して非常に厳しい状態になることが多い。

その様な女性の中には手っ取り早く高収入を得るべく水商売や風俗に手を染める人もいる。
さらに、一部の女性は出会い系サイトなどでエンを募集して副収入を得ようとする。
実際、私もその様な女性に会って身の上話をしたこともあるし、倫理的には誉められたことではないかもしれないが、エンをしたこともある。
事情は様々だが、女性側にも少々問題がある場合もあれば、気の毒な場合もある。
確かに元夫から養育費を受け取れたのならばこんなエンをしなかっただろうにと思う女性もいる。
この様な女性を相手に倫理云々を考えてみても何の問題解決にはならないことを悟る。

出会い系にいるシングルマザーの中には男を信用していない人が多く、この様な人はエンやワリを募集している。
しかし、一部の人は生活安定のためにエンではなく婚活をしている人もいる。
メインの目的は婚活ながらも性欲も満たしたいという目的もあって、エンの様な形態になってしまっている人もいる。
私は出会い系にそのような女性が存在しても批判はできないと思っている。
出会い系のみならず婚活サイトにも似たような状況の人がいるし、SNSを通じてもそのような女性に出くわすことがある。
日本社会の未成熟な部分であるから容認するしかない。

かつて愛した妻が風俗や出会い系で体を売らざるを得ない状況になっているというのを、元夫はどう思っているのだろう。
何も思っていないからこそ、不倫をしたのだろうし養育費も払わないのであろうとは想像するが、…。
元妻に対して心が離れたとしても、その様な環境に置かれている子供に対してはどう思っているのだろう。

夫婦が破綻したのは仕方がないとしても子供の将来は二人の責任であり逃れることはできまい。
だとしたら、離婚の時に約束した養育費の支払いは逃れられない。

視点を変える。
シングルファーザーという男もいる。
実はシングルファーザーはシングルマザーより悲惨らしい。
男がシングルファーザーになってしまう理由は色々ある。
若くして死別してしまったとか、妻が放蕩妻で子供を捨てて出ていってしまったとか、妻が不倫して離婚したとか、…。
しかし、妻が大金持ちにでもならい限り、いづれの場合も元夫側が養育費を受けとることは望むべくもないのである。
養育費が不払い状態のシングルマザーと似た状態になる。
男女平等の社会になりつつあるので、会社に勤務している状態で子供を育てるというのは並大抵ではない。
多くの場合会社での地位も覚束なくなるので給与も頭打ちになってしまう。

シングルマザーの貧困が問題視されるなかで、実はシングルファーザーも大きな問題を抱えているのである。
シングルファーザーにはエンなどという逃げ道もないのである。

SNS出会い系サイト


コメントは受け付けていません