スマートな出会いのプロセス

SNS出会い系サイトというところには、一定のプロセスというものがあり段階を踏んだ方が成功率が高いことは確かです。

ですが、プロセスに拘りすぎるとせっかくのチャンスを逸することがあり注意が必要です。

一応良いとされる出会いプロセスとは以下の通りです。

 1. アプローチ

 2. 一応のご挨拶的なメール交換

 3. 直アドゲット

 4. もうちょっと突っ込んだメール

 5. デート

 6. デート後の数回は身体の関係を迫らない、女性であれば数回は許さない

だいたいこんな感じの段階を踏んだ方が目的を達することができる可能性が高いことは事実です。

ですが、必ずしもこういったプロセスを経ないでいとも簡単に即アポ即会いできるケースもあり、プロセスに拘ったばかりに駄目になってしまう場合もあります。

上記はあくまでも、一般的なプロセスであって、相手次第で臨機応変な対応をしなければならないケースも当然でてきます。

思い込みは命取りになることも

例えば、SNS出会い系サイトは即アポ・即会いが当たり前と思っている右も左もわからない初心者が結構います。

こういった人に対して、プロセスに拘るとその気なしと判断され逃げられてしまう場合がよくあります。

実は、私がこれで失敗したことがあります。

特に、プロセスに拘ったわけではないのですが、メールしたその日に会ってもいいという感じの返信をもらったため、サクラやCBではないかと疑いせっかくのチャンスを逃してしまいました汗

その女性は単なる世間知らずの初心者だったのです。何回かメール交換をしてその事実に気づいたため、慌てて誘ってみましたが、彼女はすっかり気分を害しているというか、冷めてしまったというかとうとうアポイントを取ることができませんでした。

こういったことにならないためにも、一応のプロセスを念頭に置きつつ柔軟に対応する必要があると思います。

特に直アドに拘らないこと

また、直アドに拘って失敗することもあります。

ポイント制のサイトの場合、男性会員は早く直アドをゲットしないと費用がかかりますし、女性側もそのあたりの事情はわかっているはずです。

ポイント制で延々とダラメールなど論外であるということも事実です。

ですから、直アドはゲットするに越したことはないのですが、どうしても直アドを教えることを嫌がる人もいるのです。

実際に直アド交換なしでサイトのWebメールのみで面接できることはよくあります。なので、直アドを要求することは結構なのですが、拘りすぎることはよくありません。

特に定額制のサイトの場合、直アド交換は全く必要ありません。無理をしてリスクを犯さないようにするべきです。

おすすめSNSSNS出会い系サイト



コメントは受け付けていません