出会い系知り合った女王様に調教されて

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

ハッピーメールを利用して6日目。
僕は一人の女性と会うことになった。

その女性とはこのサイトを通じてメアドを交換してその後会うことになった。
その女性と会うまでは、他のサイトに登録していて、今まで、サクラや冷やかし、待ちぼうけを何度も経験して、今回も半信半疑で持ち合わせで待っていた。

振り替えれば、その人と会おうと思ったのは、僕の掲示板、プロフィールを見て、ただ一人『いいね』を押してくれたのでこの人はもしかしたら本当に会えるのかなぁと思ったので会うことにした。

雨の中待っていると、『ゆうさんですか』という声がしたので、そちらを見るとSっぽい女性が歩いてきた。
その女性は、黄色のセーターに白色パンツをはいて登場した。

僕は、『はい』といって挨拶したところ、女性は軽く微笑みながら『こっち』と言って歩いていった。
僕は、その先には怖い人がいるかもしれないと思いながらも付いていくと、ラブホテルに入り、慣れた手付きでホテルの部屋を選び、二人で入っていった。

その部屋に入るなり、女性から『プロフィール見たよ。凄いことしてたんやね。彼女兼女王様やったんや。それならやりがいあるかな』と言ってき。
僕は、『はい。プロフィール見てくれてありがとうございます。あれが事実です。』と言った。
すると、女性は『それなら楽しみだね。』と言い、その後、『シャワー浴びてきて。』と言われたことから僕はシャワーを浴びに浴室に向かった。

シャワーを終えると、女性は僕に対し、『身体中の水分をしっかり拭いてね』と言ったのでしっかり拭いた。
身体中の水分を拭いた後、女性は『うつ伏せになって』と言ったのでそのまま言われるがままにうつ伏せになった。
あっ因みに、会う前に約束として女性から『私とするときは私の言うことは絶対』という約束で、おもむろに触ったりしない約束だった。

出会い系知り合った女王様に調教されて -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
 

話を戻すが、女性はうつ伏せになった僕を上から覆うようにして、指の爪でそっとふくらはぎ、お尻、脇腹を伝っていき、何度も執拗に触ってきた。

そして僕が自然と声が出始めたときを見計らって、女性は耳元で『しっかり調教されてるやん。しっかり洗脳してあなたの望み通り、私の目を見て私の声でいけといったらイケる身体にしてあげる』と呟いた。

その声で、僕の中の何かが崩れかけた。
『この感覚、昔に似てる…』と頭によぎった。
その後、仰向けるように言われ、先ずは左乳首を噛まれた。

しかし、変なことにその痛いはずの乳首を女性が舐めると身体中に電気が走るような感じを経験した。
それを数回された後、乳首を噛むのを辞めると同時に亀頭を唾液でグチョグチょにし激しく上下に動かした。それを数回されるともう、僕の理性は堕ちかけであった。

そして次は右の乳首…。
もう、その後のことは書かなくてもわかるように、僕の理性は壊れ始めた。

最初はあえぎ声だったが人間、一線を越えると獣のような声をするようになる…。
これは6年間、付き合った彼女兼女王様の時と一緒であった。

パンパンに膨れ上がった脈打つ僕のち○ぽに女性は僕のち○ぽにゴムをつけた。
そして入れる瞬間、女性は『これから壊してあげる』と笑みを浮かべながら囁いた。
その後、間も無くして僕のあそこは果ててしまった…。

プレイを終えた直後、女性は僕の被さったままのコンドームを被せたまま、おもむろにしごきだした。
僕はもう、こそばくなっていたが声が出ず止めても言えずぐったりしていた。

すると、不思議なことに、射精した感覚が出てきた。
それを見た女性は『あはは、壊れた壊れた笑やっぱりドライ出来るんや』と嘲笑していた。

しばらく休憩してシャワーを浴びようと思うも、膝が笑って歩けない状態。
そして、ホテルを後にする際、女性から『新しい玩具が出来た。こんなんは序の口やで。次からはもっとエスカレートしていこうな。』と告げられ女性は後にした。

その後、御礼のメールをした送ったが返信はまだない。
もし、返信が来てこれから関係を続けることができれば引き続き日記を掲載していきたいです。
そのまま、捨てられればごめんなさい笑

SNS出会い人気ランキング


コメントは受け付けていません