仕事のことで悩みうっぷん晴らしにセックス目的で出会い系登録した女性の告白

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

仕事のことで悩みうっぷん晴らしにセックス目的で出会い系登録した女性の告白 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像

仕事の事でメンタル崩壊致しまして『よし、セックスするか!』との病みまじりの熱い情熱と共に出会い系に飛び込んでみました。

いやいや大変な世界ですね。突如局部の写真を送って来られる方、『オマ○チョ、レロレロ、ニュポニュポ』とメールしてくる方、冷静に段取りを進めて行く方、ご自分のセック○アピールをして下さる方。

私がプロフィールに性癖を全て書き込んだからですかね。
まぁ、出会い系の男性を垣間見て、正直私も出会い系の男性は人間でなくオチ○ポだと思っていたのでしょう。

ちょっと興奮も致しましたが、何処かで何でこんなことをしているのか?とも思っていました。
私は自他共に定評のある変態Mですが、今までお付き合いしている方としかした事がなかったのです。

その中でメールをやり取りして一人の男性と致しました。
お陰さまで、ドスケベ称号を頂きまして、こんなエロい女がいたなんて、との言葉と共に今後ともと言って頂けましたが、ビッチになろうと思っていましたので、お断りさせて頂き、初めて『ヤリ捨て』体験を致しました。

まさか39歳でヤリ捨てる日が来ようとは!?との小さな衝撃でしたね。

しかし一回ヤってみて、こんなことをしてはイケないかなとの思いにかられ出会い系を退会してみたものの…仕事を思い毎日二時間しか寝れず、寂しさと不眠のボヤけた頭を抱えハッピーメールに登録しちゃいました。

プロフィールに『セックスしようと思いまして』と記入しましたら、沢山のメールを頂きました。
やり取りもさせて頂いた方、ありがとうございました。

せこせこエロ活動を行っていた、目指せビッチな私に突如一人の男性(仮名王子様)からドでかいインパクトメールが届きまして、ザックリ内容は『君オモロイね!呑み行こうゼ!ヤるかヤらないかは、その場のバカノリで決めればいいジャン』です。

ある意味目からウロコ、出会い系で初めてのお声かけでした。
だいたいヤる前提で声かけ頂く中で、初めて私の人間性に触れてくれたのです。

王子様のメールはだいたい一日に一回位。
とてもユニーク、ロマンティックでありながらも程好いエロス。人間味溢れ、率直、小気味の良い文章。

王子様のメールは、私の死滅した筈のトキメキを掘り起こしドキドキを下さいました。
会ってもいないのに王子様を想い胸を高ぶらせ、会える日を夢見ていました。

そんな彼とのやり取りは、とても甘くも苦く、日々幸せな気持ちの中で、横道に逸れまくった私が自然と明るい道に戻って行くようでした。

男性はオチ○ポじゃありませんでしたし、女性のオッパイを揉みまくろうとの野望も可笑しい事だったし、エロスまみれた様々な野望も色褪せ、シンプルに彼に会ってお話したい、になっていきました。

彼を思いスキップさえしてしまいました。
色んな恋愛をしましたが、生まれて初めてな位言葉がドストライクだったのです。

私の血管が弱ければ、メールを読みながら鼻血が噴き出してたでしょう。キラメイタ日々でした。

まぁ、一昨日頂いたメールで、何かしらのトラブルが起こり、会えなくなりました。最後のメールです、と決別メールがありましたが。

昨日は 朝の電車の中で泣きました。
ドン底で白眼を剥き仕事をしていましたが、やはり人間とはドン底の方がドドンと来るのですね。
接客業をしているのですが、年配の方も多くいらっしゃいます。

年配の方々との触れ合いは、とても心が癒されるので大好きです。
落ち込みながらも、常連のおばあ様達に癒され仕事をしていましたら、接客中に母が生前お世話になってたヘルパーさんが会釈して過ぎ去りましたが、何やら天啓。

その日ドン底になっていなかったら気付かなかったでしょうが、まだまだ母と過ごして居たかった。私は、年配の方々に尽くしたいのだな、と気付きました。

暗闇を漂い、落ち込んでいた中で一気に闇が消え去るかの如くの気付きが舞い込みました。
役所に行き介護ヘルパーになるにはどうすれば良いのか聞いて来ようと思います。

年配者とのお話ボランティア等もあるようですし、そこから初めてみようかななんて。
私が抱えている寂しさは、男性によって誤魔化す物でなく、年配の方を通し、尽くし、私自信が救われるのではとの考えが、私を救ってくれたのです。

SNS出会い系人気ランキング


コメントは受け付けていません