想定よりかなり年齢が上そうだったがかなりの美人だった

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

私が出会い系サイトに初めて登録した初期の頃、運よく出会えた女性の話です。ハッピーメールというサイトです。

その頃は私も真面目路線というか青臭路線というか、自分のプロフにまともな事を書いていたのです。
たいした面白味も無く、どこにでもあるようなプロフでした。

当然ですが女性の方からアプローチされる事などなく、こちらからメールしてもまともな返事も貰えないような男でした。

それでも数か月も活動をしていると少なくとも業者やポイント目当の女性を何となく見分けることができるようになりました。
 

私はメル友を作るでも心の友を作るでもなく、実際に会えるリアルな女性の恋人を作るのが目的でしたので最低条件がありました。

住まいがなるべく近く、会うのに苦労しない方。
・年齢(25~32くらい)
・既婚者である事。

この3つが最低条件でした。

そんな条件でその日も検索をしていました。
すると、その条件にぴったりの一人の女性を見つけました。

とはいえ、写真もそれ以外の情報も彼女には無く、どんな女性なのかも皆目見当がつきませんでした。
ガラ空きのコメント欄にただ一言
「楽しい出会いをしましょう」
とだけ書いてありました。

普通ならば敬遠する相手ですが、何となく気になってしまった私は
「まあ業者ではなさそうだし、メールを送ってみてもいいか」
と、たいした根拠もなくメールをしたのです。

すると文面はそっけない感じでしたが、一応私の話に応えてくれました。

それからサイトのメールが数日続き、何とか会う約束を取り付ける事が出来たのです。

しかし会う約束をしたものの未だ彼女の事はよく分からず、そこで私は彼女に写真を送ってもらう事をお願いしました。

すると彼女はそれを断り、それどころかもしどうしても事前に写真を送らなければならないならあなたと会うのはやめにします、と言ったのです。

当時経験不足だった私はせっかく会える約束をした女性を逃したくなく、慌ててあやまりました(笑)。

すると彼女は
「私は約束は必ず守ります、私は美女だから安心して下さい」
と。

普通こんなこと自分で言いますかね?(笑)
しかし、経験不足だった私は(それが幸いしましたが)それでも会う事にしたのです。(今の私だったら会うのをやめていたかも)
 

当日、お互い車で所定の場所で待ち合わせをして、そこから彼女が私の車に同乗してカフェでお話をすることになりました。

私は待ち合わせ時間よりもかなり早く着きました。
そこで30分は待ったでしょうか。
ドキドキが止まりませんでした。

私は死刑台に上る前の死刑囚のような気分になり、やるなら一思いにさっさとやれ!的な気持ちになっていました。

そして時間になると、一台の車が現れました。
事前に聞いていた車の特徴と一緒です。
そして私の車のすぐ隣に止まりました。
・・・彼女です。

ガチャッっとドアを開け、出てきた女性を観て私は思いました。

「うわっっ!本当に美人だ!」
「しかもスレンダーなのに巨乳でスタイルが凄くイイ!」

「・・・でもちょっと聞いていた年齢より年上かな?どう見てもxx歳じゃないよね(笑)」

グラビアアイドルと顔も体型もそっくりでした。

想定よりかなり年齢が上そうだったがかなりの美人だった -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
 

それはともかくとりあえず軽くあいさつをし、彼女は私の車の助手席に乗りました。

「こんな美女がいきなり初対面の男の車に乗るのかな?」
「もしかして美人局(つつもたせ)か?」

私は嬉しさ半面、不安半面でした。

車を20分ほど走らせ、目的のカフェに到着。
私はその道中、頭が真っ白で何を話していたのかよく分かっていませんでした。

お店に入ると、何とか落ち着きを取り戻しました。

しかし冷静になって彼女をよく見ると、彼女の服装はかなりきわどい服でした。
スリットが深く入ったタイトなワンピースで、しかも胸元が大きく開いていました。
推定Fカップ(根拠は、離婚した前の奥さんもFカップだったので)の胸はくっきりと谷間が出来ていました。
 

「いかんいかん、そんなところをガン見したら一発で嫌われる!」
そう思った私は、出来るだけ彼女の顔から上だけを見るようにしました。

実は後日彼女から聞いたのですが、この服装はもちろん意図的で、私の性欲を試すために着てきたのだそうです。
要は男を誘っていたんですね。

そんな事を知らぬ私は必死に自分を紳士に見せようと、自分の性欲と視線と戦っていたのです(笑)。

SNS出会い系人気ランキング


コメントは受け付けていません