不倫セックスの頻度は?

★こちらで絶対に詐欺がない安心安全で出会えるSNSを紹介してます。
管理人も利用中でここ数か月で登録数が多い順に3サイト紹介中です。
⇒ 最新SNS出会い系サイト人気ランキング

自分たち以外の不倫カップルってどれくらいのペースでセックスしているものなのか…、気になるところですよね!

しかも、それが気になってしまうということは、恐らく自分とお相手とのセックス頻度を「少ない」と感じ、満足していないせいでしょう。

「もっとしたいのに…」と不満を募らせているくらいなら、もっとしちゃえばイイんです。良い不倫関係を維持する秘訣は「溜め込まない!」が肝心です。

他の不倫カップルがどのくらいの頻度でセックスしているか「統計」を知ったとしても、それはあくまで「平均値」であり、それと自分達の頻度と比べて一喜一憂したってあまり意味はありません。

「毎日同じ屋根の下で寝ている夫婦」と違い、不倫カップルの場合「会いたい時にもなかなか会えない」というのが普通です。

毎晩出歩いたってパートナーから何も言われない…という人は少ないでしょう。皆、なんやかんや理由をつけて不倫の逢瀬をする時間を作っているワケですが、それが許される範囲はそれぞれの不倫事情によってまったく異なります。

たとえば、子どもがいない共働き夫婦の場合、比較的夫婦どちらも自由が多く、不倫の時間を作りやすい場合が多いでしょう。子どもがいる家庭であれば、「家族サービス」が要求されることも多く、また金銭的にも不倫相手に使える金額は限られてくるでしょうし、結果的に逢瀬が少なくなる傾向にあります。

また、「不倫相手と退社時間が合わない」「残業が多く約束が取り付けにくい」など、お仕事事情によっても、会う頻度が多いカップル・少ないカップルが出てきます。

「遠距離で不倫している」なんてカップルもいますからね。その場合、セックスできる頻度は年に数回というのも珍しありません。「家庭環境」「仕事環境」などの条件により、不倫カップルが会える頻度は本当にさまざまなんです。

不倫セックスの頻度は? -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
 

ですから、他の不倫カップルの「一般的なセックス頻度」と比べて少なかったとしても「それぞれ条件が違う」のですから比べることに意味がありません。人と比べてセックスの頻度が少ないからと言って「相手の愛情が少ない」などとは思わないようにしましょう。

「割と不倫するには好条件なハズなのに相手が会ってくれない」もしくは「逢瀬の回数は割とあるのにセックスせずに帰る日も多い」なんて場合もあるでしょう。

「もっとセックスする機会はあるハズなのに・・・」と不満に思う場合は、自分がきちんとその想いを相手に伝えているか思い出してみましょう。

もしかすると「お互いに遠慮している」なんてことがあるかも知れません。女性の場合、いくら「セックスしたい」と思ってもなかなか自分からは誘えませんね。

「ホテルで会ってセックスする」となれば相手にそれなりの時間を取らせる必要があります。「ワガママを言って彼を困らせちゃいけない・・・」とガマンしている場合も多いでしょう。

また、立場的な優位性を保ちたいために、「自分からセックスして欲しいなんて言いたくない」という女性も多いのではないでしょうか。

一方、男性側もお相手に遠慮していることが多いのです。

「ホテルで会ってホテルで別れるなんて、嫌がるかも知れない。食事とセットで時間が取れるときでないと誘いにくい」とか。

「今日は30分しか時間が取れない。本当は今すぐ押し倒してセックスしたいけど、それだけが目的だと思われはいけないからガマンして帰ろう」とか。

「カラダだけが目的なんでしょ」と相手女性に思われないよう、男性側がセックスしたくてもガマンしているケースも多いのです。

つまり、お互いが「したいなぁ」って素直に言えれば解決するかも知れないってこと。したい時には「したい!」と言える関係の方がお互いラクですね。

不倫カップルの個々の事情により、セックスの頻度が少ない場合ももちろんあるでしょう。でも、遠距離不倫でもない限り「月1」は愛を確かめたいところです。

「セックスの頻度で愛は測れない」のはもっともですが、不倫カップルであればセックス頻度が月1以下は危険ゾーンと言えます。何が危険かというと「不倫関係が続かない」ということです。

夫婦であれば、セックスレスでも関係は維持できます。セックス以外でも日々の生活の中でいくらでも繋がる要素があるからです。

ですが、不倫関係の場合2人にあるのは「男女の愛情」の繋がりだけですよね。セックスなしで繋がる関係であれば、ただの「友達」ですから。

SNS出会い系サイトランキング


コメントは受け付けていません