• タグ別アーカイブ: アブノーマル
  • ウィークリーマンションに誘われる

    壁の薄いマンション。ウィークリーとはこんなもんかな。としばらく戸口前でブツブツ言っていると、ドアが開いていらっしゃ~いと20代後半の女性が出て来た。

    出会い系で逆ナンされるのは初である。部屋に上がって唖然? 他に同じ世代風の女性が2人楽しそうに会話をしていた。

    何?何? いきなり4Pか~。3Pでさえした事がないのに。これまた初だな。とエロ笑いをしていたら、人数が揃ったから麻雀をしましょうと卓上前に座らされた。

    えっ! この為に僕を誘ったの?

    出会い系始めて2週間。出会い系とは男性と知り合うだけでなく女性友達も作れる優れもののサイトと言う事を彼女達から教わった。

    ウィークリーマンションに誘われる -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像

    麻雀 全然勝てずにスッテンテンになりそうなので帰ろうとした時に、お寿司が食べたいと言い始めた。

    これって。僕に買って来いと言っているのだと思い。仕方ない いつもマンションに来てにぎってくれる知り合いのお寿司屋さんに電話して出前をしてもらった。

    お腹もいっぱいになり今度はボード版人生ゲームを始めた。 人生経験豊かな僕はこのゲームはぶっちぎりに荒稼ぎして勝った。序に王様ゲームも取り入れ3人とも下着の姿にしてしまった。

    ほっほっほっ・・・・・喪黒福造ならこう笑う。

    深夜3時まで遊びつくして帰ろうとしたら、タクシーを拾ってあげると彼女はついて降りてきた。

    普段帰らないマンションの話をしたら彼女がついて来た。

    8階最上階にワンフロワー。彼女は寝室を見て驚いていた。広い!!

    ホテル見たい。と喜んでいる隙にキスをしてそのままオネンネしました。

    ミッション完了。

    朝、途中起きて2回 昼過ぎてご飯食べて3回 夕刻2回とぐったりで日記を書かないといけないと思いつつ遊んでしまった。

    夜食を取って食べていると残してきた2人を思い出した。彼女は急いでタクシーで帰ってしまった。

    友達の留守を頼まれて自分が留守をしてしまって可笑しな女の子である。

    また、遊びに来るとも言わなかったので今後どうなるかは分かりませんが結局自分のマンションで遊んでしまった。

    SNS出会い系サイトベスト3



  • 調教希望女性との出会い

    過日、ハッピーメールの掲示板でセフレの募集をしていると、興味がありますメールが来た。

    その後、メールのやり取りの中で、19歳くらいからSMには興味があった。これまで彼氏にはSM願望は言えていない。玩具や露出、アナルプレイをしてみたい。ということが分かった。

    で、メールを一月ほど続けて、やっとお互いに時間が合ったので、先日とうとう会うことに。

    場所は、姫路のとある喫茶店。

    待ち合わせの前提として、僕は下着の着用は厳禁と伝えた。まあ、どっちでもよかったんやけど、これで下着なしで来たら、本当のMやな程度に考えてた。

    で、当日。待ち合わせ時間に20分ほど遅れてあいさんが駐車場に到着。会ってみると、ちょっとぽっちゃりの小柄で可愛らしい感じ。

    早速喫茶店に入り、取り合えずコーヒーとパンケーキを注文。前から来たかったお店らしく、目茶苦茶嬉しそうだった。

    彼女の緊張を解すために、趣味の話や仕事の愚痴をしばし聞く。

    調教希望女性との出会い -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    で、普通に会話ができ始めたころに、

    「で、下着は着てるんですか?」

    と聞くと、顔がこわばり、小声で

    「いいえ。」

    との返事。うん、本物のMだ。

    彼女のM性が分かったので、お茶を終えると、僕の車でドライブすることに。

    彼女が助手席に座ると、早速指示。

    「じゃあ、スカート捲って。」
    「え?ここでですか?」
    「うん。嫌?恥ずかしい?」

    駐車場のかなり奥まった場所に車を止めていたので、周りには人っ子一人いなかったけど、彼女はうつむきながら、恐る恐るスカートをじりじりと捲りました。

    しかし、太ももの付け根くらいで手が止まってしまい、本当に下着を着けていないのか分からなかったので、彼女の股間に手を突っ込むと「ジョリ」っという感触がありました。

    「うん。履いてないね。じゃあ、車出すね。」

    車を走らせながらも、

    「もっと足開いて」「シャツを捲って」「股間いじって」
    など、色々命令して遊んでました。彼女は、それらに全て従っていました。

    時間があまりなかったので、当初はちかくの公園で軽く露出でもさせようかと思ったのですが、結構人がいたので断念。
    で、結局は近くのラブホに入ることに。
    この日会う前、彼女は「最初は食事だけ。」などと言っていましたが、僕が「ホテルでいい?」というと、一切反論せず頷いていました。

    ホテルに入ると、彼女が所在なさげにしていたので、

    「ベッドに座って、スカート上げて」

    というと、黙ってその通りに。彼女の股間に手をやると、すでにうっすら湿り気が。

    「すごいな。もう濡れてるやん。」彼女は無言のまま。指で色々こすっていると、「あん」と嬌声。彼女のポイントを発見。割れ目の手前、指の腹を半分入れたくらいがベスト。

    そこを重点的に攻めていると、それだけで彼女は腰をガクガクと震わせていた。面白い。

    彼女はおもちゃを使ってみたい言っていたので、ご要望に応えることに。

    彼女の股間をいじりつつ、カバンの中からピンクローターを取り出す。

    「これが玩具。見た事ある?」
    「いえ、ないです。」

    スイッチを入れて、彼女の股間にタッチ。

    「ああ、ああ!」

    さっきまでより、声が一音あがる。

    ローターを割れ目に沿わせて、前に後ろに。やはり、手前の少し割れ目奥が一番のポイントだ。そこに暫くローターをあてると、股間から汁がしたたり落ちんばかりに濡れていた。

    彼女の腰が砕けそうになっていたので、頭をつかみ、半ば無理やりに四つん這いにさせた。

    「え、なんですか?」

    「いいから、そのまま。」

    彼女の股間にローターをあてたまま、カバンからゴム手袋を取り出し、右手に装着。結構難しい。
    次にローションを取り出し、彼女のアナルと右手にたっぷりと付ける。

    「入れるで」

    彼女が小声で何か言ったっぽいけど、聞こえなかったので無視。

    初めてのアナルで無茶をすると、痛がるだけで終わってしまうので、まずは小指から。

    ゆっくりゆ~くり、愛撫しながら、捻るように挿入。気持ちは、一分で一ミリ入れるような感じ。

    勿論、入れながらもローターは彼女のポイントをずっと刺激。

    彼女は小声でうめきながらも、アナルはしっかりと小指を飲み込んでいきました。

    背面側は狭い・・・というか行き止まりなので、お腹側に指を曲げて、中でぐりぐり。ゆっくり抜きながら、お尻の穴をひっかくように最後はシュッと抜く。で、また入れる。それを何度も繰り替えす。

    彼女は、シュッと抜かれる瞬間が一番気に入ったようで、抜くたびに

    「ああ!」と腰をくねらせていました。

    小指はなんなくクリアしたので、次は人差し指。これもなんなくクリアし、中指。これもクリアしたので、詳細は割愛。

    これはかなり余裕があるなと感じたので、当初、中指で終わる予定だったけど、2本入れることに。

    まず中指を入れて、それに沿うようにしてゆっくりと人差し指も入れる。
    これはちょっと苦しそうだったけど、中で二本の指を交差させたり、クパァと広げたりすると、彼女はこれにしっかりと順応し、メチャクチャ腰をくねらせていた。

    まあ、割れ目をずっと刺激しているローターの役割は大きかったと思う。

    しまいには、抜こうとした僕の指を、彼女のアナルがしっかりとくわえ込み、更に奥まで飲み込んでしまった。これは、アナルを調教したことがある人にしかわからない感覚だと思うけど、アナルで感じている人は、本当に指やチンコを飲み込むんです。

    初めてにもかかわらず、彼女があまりにもアナルで感じていたので、僕の次第に興奮が高まってきてました。

    時間もなかったし、彼女に玩具とアナルをちょっと体験したもらって終わらせるつもりが、

    彼女のアナルを犯したい!!

    との欲望が膨れ上がってしまいました。

    なので、彼女のアナルから指を抜き、左手は割れ目にローターを当てたまま、ゴムの袋を口で破り、右手で装着。

    「アナル、犯すで」

    「え?え?いや、ちょっと。無理です」

    か細い彼女の抵抗を聞く気などなく(痛がったら止めるつもりでしたが)、彼女のアナルに先っぽを当て、かき分けるように押し込む。流石にきつい。

    先っぽがちょっと入っただけで止まってしまった。

    SNS出会い系サイトベスト3



  • SNS日記で出会った京子をまたまたイカせまくった話

    イククルの京子とは定期的に連絡をとっているので、会う前にプレイを決めていたりします。
    今回は――京子だけ裸にして、俺は服を殆ど着たまま『ペニスを挿入してトロトロチェック』というもの。
    チェックというより、京子だけを恥ずかしい姿にして、すぐに犯すというプレイですね(笑

    駅で待ち合わせて合流した時点で、京子へのボディータッチを少し多めに。
    ホテル入ってから、ふふふと笑って「京子のみ」脱ぐことを要求。
    当然、服や下着を脱いでる姿を視姦して楽しみました。

    そして。
    俺もズボンだけ少しずり下げて、肉棒を露わに。
    ベッドに手をつかせて立ちバック状態にして、京子のお尻を掴み。

    ずぶずぶ。じゅぷ。

    もう、前戯すら必要ない位にトロトロになっている京子のアソコへ。

    入れただけで、膣が物凄くうねって。
    数秒で絶頂。

    「あーあ、なんでチェックだけでいっちゃうんですか?淫乱ですね」

    パチン!
    と軽くお尻を叩くと更にイキまくる。
    腰を動かして膣内を味わう度に、また水音が激しく。

    更に弱点の耳を甘く噛むと、膣圧が激しすぎてペニスが抜けてハメ潮をお漏らし。

    この時点で、京子はぐったり。
    それでも寝バックにして犯してると、再びイキまくり状態に。

    「お手柔らかにって言ったのに・・・・・・」

    と、トロンとした瞳で睨む姿が色っぽくて、ついついそのたわわな胸に手をやって喘がせてしまう(笑

    その後、お風呂でたっぷりイチャイチャしたり、指で潮吹きさせたり。
    何回かイかせて、ほっこりと温まった後。

    また、SEXをたっぷり。
    今度は背面騎乗位で、京子に腰を振ってもらうことに。
    後ろからお尻をフリフリしながら感じまくって、再び何度も何度もイきまくってる姿はヤらしくて。

    そこで、やっぱり熱い愛液を噴いて。
    それでも、またペニスを自分から入れ直して乱れまくってる姿は動画に撮りたくなる位エロかったです。
    イッテもイッテも、また快感の波が押し寄せて来るようで。
    汗だくでぐちゅぐちゅになりながら交尾して、最終的に京子の体力が尽きて、終了。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • 本心不明『妻を他人に抱かせる夫』

    長年、出会い系サイトを利用していると変な人に出会ったりします。

    私は人格者ではなく、むしろ公序良俗を乱す輩に近いと思ったりもしています。
    快楽のためにサイトで知り合った素性の知れない女性の身体を貪ったこともあります。
    しかも一人だけでなく数人と、…。
    ただ、身体の関係だけでは虚しくなりますが、…。

    人妻との経験もあります。二人ほど。
    その内の一人は不思議な人でした。
    人妻なので当然不倫関係ということになります。
    私個人は他人の不幸せの原因になりたくないという考えを持っているので、内心は穏やかではありませんでした。
    しかし、その不穏な気持ちが燃え上がる要因なったりして不思議なものです。

    これまでの経験からすると人妻の不倫の動機は幾つかのカテゴリーに分類できそうです。
    単純にセックスを楽しみたい、夫への不満の代償、不倫夫への逆襲、お金目的、等々。
    さらに夫が公認の場合もあります。夫婦関係が壊れている場合もあれば、お互いに自由を満喫しているという場合もあります。
    驚きなのは、夫同伴で会いたいと言ってくる人もいます。

    実体験の話をします。
    YYCでの当初のメッセージのやり取りでは対価付のエッチがしたいという話しでした。
    夫には内緒で生活費を稼ぎたいという動機でしたが、なぜ内緒なのかというのが気になりました。
    聞いてみると、夫はギャンブルにのめり込んでいて生活費も浪費してしまうから、という理由でした。

    ところが、どうも様子がおかしいんです。
    車を持っていないにも関わらず、待ち合わせ場所までどうやって来ているのか不思議なんです。
    ホテルから帰るときもホテルから徒歩で直帰だったんですが、私が車でホテルから出ても全く姿が見られなかったんです。
    それで、もしかして誰かに送迎されているのかなと思っていました。
    いわゆる、出会い系に多いエンデリなのかなと勘ぐったりしましたが、どうもそうでもなさそうなんです。

    本心不明『妻を他人に抱かせる夫』 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    ところが、ある日彼女が掛かってきた電話に出たことがありました。
    普通、こういう時、掛かってきた電話は無視することが多いように思うのですが、出たんです。
    他人の電話に聞き耳をたてるような下衆な真似はしたくないのですが、同じ部屋にいれば自ずと聞こえてくるというもので、…。
    どうも、旦那さんからの電話だったようで、「仕事」終わりの確認のようなやり取りをしていました。
    しかも、旦那さんは「仕事」の内容を知っているような口ぶりなのです。

    どういうこと?
    夫に客を取らされているってこと?
    本人はどう思っているのかとても気になりました。

    ある日、「生理の日なんだけど会ってくれる?」というメッセージが来ました。
    会うことにしましたが、とても可哀想だったので、つい優しい言葉をかけてしまいました。
    何もせず援助だけして別れたのですが、後から「私に関わると貴方を不幸にするのでもう会わない」とメッセージが来ました。
    「もし、辛いことがあったら話し聞きますよ」と返信しましたが、以後、音沙汰なしになりました。
    サイトからも退会したようです。
    別途再入会したのかは分かりません。

    本人は辛かったのだろうと思います。
    別れれば良いのにとも思いましたが、責任が持てないので言葉にできませんでした。
    自分の妻を売りに出す夫というのはどういう輩なんだろう。
    しかし、それを買う私も鬼畜なのかもしれないと、ずいぶん凹みました。
    なので、もう、不倫の相手はしません。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • アダルト掲示板で募集している人に恋愛志向はあるのか?

    アダルト掲示板で募集している人には色々な事情を持っている人がいる。
    単純にHが好きな人もいるけれど、必ずそれ以外の何らかの動機を持っている人が多いように思う。
    男は単純にHが好きという人が大半のような気がするけれど、女性の場合は複雑な事情を持っている人の方が多いように思う。

    Hをした時の性病以外のリスクは子宮を有する女性の方が大きい。
    それ故に好き好んで不特定多数とのHをしようとは思わない。
    それにもかかわらず、アダルト掲示板で募集をするというのはリスクを取ってでも何らかのリターンを期待していると思われる。
    多くの場合、リターンは金銭に置き換えられる。
    そして、そのリターンは「事情」に含まれる「課題」の解決に使われる。

    通常は仕事によって金銭を得て課題解決に充当するのだが、通常の労働は圧倒的に時給が低いため、課題解決には多大な時間を要する。
    それに対してHの対価は効率が良い。
    そのためアダルト掲示板で募集するということになる。
    乱暴な言い方ではあるが、「課題」の一端には貧困がその根底にあると思う。

    誰しも何らかの課題を抱えつつ生活をしており、その解決のためには普通の人は労働によって得た金銭を充当する。
    しかし、アダルト掲示板の住人は普通の労働ではなくHを収入の手段に選んでいるところが普通の人と大きく異なる。
    逆に考えると、普通の人と異なるのはHを収入の手段に選んでいるということのみであるとも考えられる。
    しかも、このHには肯定的な意思をほとんど持ち合わせていない人が多い。

    アダルト掲示板で募集している人に恋愛志向はあるのか? -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    しからば、アダルト掲示板の住人の中には、特定の人物が課題解決の援助をしてくれるのならば、掲示板の利用は辞めたいと考える人もある程度存在すると思われる。
    ただし、その「特定の人物」は「援助」に条件を設けることが多いと思われる。

    その条件は多くの場合、愛人契約やセフレ関係などの「大人の関係」であることが多いように思う。
    これらの関係は条件さえ整えば「結婚前提の付き合い」に転嫁することも可能ではある。
    しかし、「結婚」ということになると、アダルト掲示板利用者であったとうことをどのように考えるかという新たな課題が生じる。

    アダルト掲示板を利用していたということは、性的に奔放なのではないかとか、援助が心もとなくなってくれば再び募集を始めるのではないかとか、色々と疑心暗鬼になる。
    それ故に、アダルト掲示板の住人に結婚前提の付き合いを持ちかけ、実際に結婚に至るのには高い壁があると思われる。

    色々な人のプロフの利用目的を拝見すると、結婚相手とセフレとの両方にフラグをたてている方が少なからず居ります。
    これはどのように解釈すべきかといつも思ってしまう。
    結婚相手を探してはいるものの身体の相性も積極的に試したいと考えているのか、結婚相手を探すのに普通の付き合いからではなく身体の相性の確認を入り口にしたいと思っているのか、…。

    実は私は別のサイトでアダルト掲示板で募集をしている人に頻繁に応募して結婚前提の付き合いを申し込んでみたことがある。
    バツイチで高校生の子供がいる女性だった。
    相手の方は喜んで付き合うことを了承してくれたが、アダルト掲示板の利用を辞めそうになかった。
    「結婚前提」ということをどのように考えているのか疑心暗鬼になってしまった。
    最悪、妻が私以外の誰かに抱かれるというアブノーマルな夫婦関係になってしまう。
    そのような夫婦関係を欲する人もいるかもしれないが、少なくとも私は無理だった。
    それに子供が不憫な感じがして心が痛んだ。
    半年もしないうちに私の方からお別れを告げることになった。

    以上の考察と経験から、私は、アダルト掲示板で募集している女性を結婚相手にするには非常に高いハードルがあるが、お相手の女性がちゃんと真剣に考えるのならば全く不可能ではないかもしれないという結論に到達した。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング