• タグ別アーカイブ: ラブホ
  • 調教希望女性との出会い

    過日、ハッピーメールの掲示板でセフレの募集をしていると、興味がありますメールが来た。

    その後、メールのやり取りの中で、19歳くらいからSMには興味があった。これまで彼氏にはSM願望は言えていない。玩具や露出、アナルプレイをしてみたい。ということが分かった。

    で、メールを一月ほど続けて、やっとお互いに時間が合ったので、先日とうとう会うことに。

    場所は、姫路のとある喫茶店。

    待ち合わせの前提として、僕は下着の着用は厳禁と伝えた。まあ、どっちでもよかったんやけど、これで下着なしで来たら、本当のMやな程度に考えてた。

    で、当日。待ち合わせ時間に20分ほど遅れてあいさんが駐車場に到着。会ってみると、ちょっとぽっちゃりの小柄で可愛らしい感じ。

    早速喫茶店に入り、取り合えずコーヒーとパンケーキを注文。前から来たかったお店らしく、目茶苦茶嬉しそうだった。

    彼女の緊張を解すために、趣味の話や仕事の愚痴をしばし聞く。

    調教希望女性との出会い -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    で、普通に会話ができ始めたころに、

    「で、下着は着てるんですか?」

    と聞くと、顔がこわばり、小声で

    「いいえ。」

    との返事。うん、本物のMだ。

    彼女のM性が分かったので、お茶を終えると、僕の車でドライブすることに。

    彼女が助手席に座ると、早速指示。

    「じゃあ、スカート捲って。」
    「え?ここでですか?」
    「うん。嫌?恥ずかしい?」

    駐車場のかなり奥まった場所に車を止めていたので、周りには人っ子一人いなかったけど、彼女はうつむきながら、恐る恐るスカートをじりじりと捲りました。

    しかし、太ももの付け根くらいで手が止まってしまい、本当に下着を着けていないのか分からなかったので、彼女の股間に手を突っ込むと「ジョリ」っという感触がありました。

    「うん。履いてないね。じゃあ、車出すね。」

    車を走らせながらも、

    「もっと足開いて」「シャツを捲って」「股間いじって」
    など、色々命令して遊んでました。彼女は、それらに全て従っていました。

    時間があまりなかったので、当初はちかくの公園で軽く露出でもさせようかと思ったのですが、結構人がいたので断念。
    で、結局は近くのラブホに入ることに。
    この日会う前、彼女は「最初は食事だけ。」などと言っていましたが、僕が「ホテルでいい?」というと、一切反論せず頷いていました。

    ホテルに入ると、彼女が所在なさげにしていたので、

    「ベッドに座って、スカート上げて」

    というと、黙ってその通りに。彼女の股間に手をやると、すでにうっすら湿り気が。

    「すごいな。もう濡れてるやん。」彼女は無言のまま。指で色々こすっていると、「あん」と嬌声。彼女のポイントを発見。割れ目の手前、指の腹を半分入れたくらいがベスト。

    そこを重点的に攻めていると、それだけで彼女は腰をガクガクと震わせていた。面白い。

    彼女はおもちゃを使ってみたい言っていたので、ご要望に応えることに。

    彼女の股間をいじりつつ、カバンの中からピンクローターを取り出す。

    「これが玩具。見た事ある?」
    「いえ、ないです。」

    スイッチを入れて、彼女の股間にタッチ。

    「ああ、ああ!」

    さっきまでより、声が一音あがる。

    ローターを割れ目に沿わせて、前に後ろに。やはり、手前の少し割れ目奥が一番のポイントだ。そこに暫くローターをあてると、股間から汁がしたたり落ちんばかりに濡れていた。

    彼女の腰が砕けそうになっていたので、頭をつかみ、半ば無理やりに四つん這いにさせた。

    「え、なんですか?」

    「いいから、そのまま。」

    彼女の股間にローターをあてたまま、カバンからゴム手袋を取り出し、右手に装着。結構難しい。
    次にローションを取り出し、彼女のアナルと右手にたっぷりと付ける。

    「入れるで」

    彼女が小声で何か言ったっぽいけど、聞こえなかったので無視。

    初めてのアナルで無茶をすると、痛がるだけで終わってしまうので、まずは小指から。

    ゆっくりゆ~くり、愛撫しながら、捻るように挿入。気持ちは、一分で一ミリ入れるような感じ。

    勿論、入れながらもローターは彼女のポイントをずっと刺激。

    彼女は小声でうめきながらも、アナルはしっかりと小指を飲み込んでいきました。

    背面側は狭い・・・というか行き止まりなので、お腹側に指を曲げて、中でぐりぐり。ゆっくり抜きながら、お尻の穴をひっかくように最後はシュッと抜く。で、また入れる。それを何度も繰り替えす。

    彼女は、シュッと抜かれる瞬間が一番気に入ったようで、抜くたびに

    「ああ!」と腰をくねらせていました。

    小指はなんなくクリアしたので、次は人差し指。これもなんなくクリアし、中指。これもクリアしたので、詳細は割愛。

    これはかなり余裕があるなと感じたので、当初、中指で終わる予定だったけど、2本入れることに。

    まず中指を入れて、それに沿うようにしてゆっくりと人差し指も入れる。
    これはちょっと苦しそうだったけど、中で二本の指を交差させたり、クパァと広げたりすると、彼女はこれにしっかりと順応し、メチャクチャ腰をくねらせていた。

    まあ、割れ目をずっと刺激しているローターの役割は大きかったと思う。

    しまいには、抜こうとした僕の指を、彼女のアナルがしっかりとくわえ込み、更に奥まで飲み込んでしまった。これは、アナルを調教したことがある人にしかわからない感覚だと思うけど、アナルで感じている人は、本当に指やチンコを飲み込むんです。

    初めてにもかかわらず、彼女があまりにもアナルで感じていたので、僕の次第に興奮が高まってきてました。

    時間もなかったし、彼女に玩具とアナルをちょっと体験したもらって終わらせるつもりが、

    彼女のアナルを犯したい!!

    との欲望が膨れ上がってしまいました。

    なので、彼女のアナルから指を抜き、左手は割れ目にローターを当てたまま、ゴムの袋を口で破り、右手で装着。

    「アナル、犯すで」

    「え?え?いや、ちょっと。無理です」

    か細い彼女の抵抗を聞く気などなく(痛がったら止めるつもりでしたが)、彼女のアナルに先っぽを当て、かき分けるように押し込む。流石にきつい。

    先っぽがちょっと入っただけで止まってしまった。

    SNS出会い系サイトベスト3



  • ラブホ連れ込みには女性が納得する口実が必要

    最終更新日:2016年4月28日

    女性とデートしてラブホに連れ込むことは状況によりけりですが、案外難しかったりします。

    連れ込みに失敗すると、それっきりになってしまうこともあり、慎重さが求められます。

    特に出会い系サイトでの出会いの場合、女性はかなり警戒してますのでなおさらです。

    特に定額制出会い系サイトの女性の警戒心は非常に高いものがあります、参考までに。。
     

    女の子をラブホへ連れ込むためには、何かしらの口実が必要です。口実とは、女の子が仕方なかったと思いえる言い訳を与えてあげることです。

    またなるべく見た目がいいホテルの方がその気になりやすいですね。

    女がその気になる美しいラブホテル -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    セックスしたいのは、男も女も一緒ですが、ただやればればいいと考えているのは男性であって、女性はそうは思っていません。

    何のためにセックスするかは男女間で大きく異なります。男性は、セックスに理由を必要としません。

    よほど、不本意な相手でない限り、いつでもどこでも機会があればやってしまうのが男性です。

    なぜならば、男性にとってセックスは種を残すための本能だからです。

    悠長にセックスするための理由を考えているようだと、人類滅亡に直結するため、理由無しにいつでもどこでも誰とでもというのが男性なのです。
     

    それに対して、女性は常にセックスする理由を求めます。好きだから、愛を確かめたいという理由が一般的ですが、必ずしもそうでなくてもいいのです。

    例えば、お酒を飲みに行き、酔った勢いでというパターンが多いですが、『お酒に酔って正常な判断ができなかった』という言い訳があるからです。

    お酒を飲みに行き、酔った勢いでエッチすることは世間一般で広く認識されていることなので、女の子が自己弁護する立派な口実となるのです。

    なので、一番簡単確実にエッチするためには、彼女を飲みに連れて行くことです。
     

    また最近は若い女性の間で寂しいからエッチするというのが一般化しているらしいです。

    なので寂しさを紛らわすためにエッチするということは、口実となる場合が多いです。

    寂しくないか聞いてみて、寂しいと答えたらそのままラブホへ直行というのは、成功率が高い方法です。
     

    ちなみに、無理やりやられるというのは、一昔前であれば、口実となったのですが、最近では単なる強姦と捕らえる女性が増えたため、口実とはならなくなってきているようです。

    つまり、その時代背景に則った『口実』を与えてあげることが、ラブホ連れ込みを成功させる秘訣になります。

    愛・好きは万古普遍の口実となるため、できる限り、愛・好きを口実にラブホへがベストですが、状況によって臨機応変、口実を考える必要があるでしょう。

    特にSNSでの出会いの場合は注意した方がいいでしょう。

    出会い系サイトの人気ランキング



  • SNS日記で出会った京子をまたまたイカせまくった話

    イククルの京子とは定期的に連絡をとっているので、会う前にプレイを決めていたりします。
    今回は――京子だけ裸にして、俺は服を殆ど着たまま『ペニスを挿入してトロトロチェック』というもの。
    チェックというより、京子だけを恥ずかしい姿にして、すぐに犯すというプレイですね(笑

    駅で待ち合わせて合流した時点で、京子へのボディータッチを少し多めに。
    ホテル入ってから、ふふふと笑って「京子のみ」脱ぐことを要求。
    当然、服や下着を脱いでる姿を視姦して楽しみました。

    そして。
    俺もズボンだけ少しずり下げて、肉棒を露わに。
    ベッドに手をつかせて立ちバック状態にして、京子のお尻を掴み。

    ずぶずぶ。じゅぷ。

    もう、前戯すら必要ない位にトロトロになっている京子のアソコへ。

    入れただけで、膣が物凄くうねって。
    数秒で絶頂。

    「あーあ、なんでチェックだけでいっちゃうんですか?淫乱ですね」

    パチン!
    と軽くお尻を叩くと更にイキまくる。
    腰を動かして膣内を味わう度に、また水音が激しく。

    更に弱点の耳を甘く噛むと、膣圧が激しすぎてペニスが抜けてハメ潮をお漏らし。

    この時点で、京子はぐったり。
    それでも寝バックにして犯してると、再びイキまくり状態に。

    「お手柔らかにって言ったのに・・・・・・」

    と、トロンとした瞳で睨む姿が色っぽくて、ついついそのたわわな胸に手をやって喘がせてしまう(笑

    その後、お風呂でたっぷりイチャイチャしたり、指で潮吹きさせたり。
    何回かイかせて、ほっこりと温まった後。

    また、SEXをたっぷり。
    今度は背面騎乗位で、京子に腰を振ってもらうことに。
    後ろからお尻をフリフリしながら感じまくって、再び何度も何度もイきまくってる姿はヤらしくて。

    そこで、やっぱり熱い愛液を噴いて。
    それでも、またペニスを自分から入れ直して乱れまくってる姿は動画に撮りたくなる位エロかったです。
    イッテもイッテも、また快感の波が押し寄せて来るようで。
    汗だくでぐちゅぐちゅになりながら交尾して、最終的に京子の体力が尽きて、終了。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • トランジスタグラマーな女性とエッチした話

    ハッピーメールでまたエッチな出会いをしたので。。

    今回の女性とは、メールでのやりとりで好みやNGを聞きつつデートプランを固めていく事に。
    雰囲気に感じやすさが影響するタイプの女性だと解ったので慎重にプランを提示。

    まずは、ホテルでの食事→お風呂→マッサージ→ほぐれたらsexという流れに決定。
    「マッサージや食事を楽しむ感じで行きましょう♪ 勿論、sexまでは紳士的に振る舞いますよ」
    -―ということに。

    当日。

    いつもの?バリアンに行くために待ち合わせた駅に来たのは・・・・・・。
    ちっちゃくて可愛い女性。でも胸はあるタイプで。所謂トランジスターグラマーさんでした!
    かなり緊張してるのが解るので、まずは当たりのさわりの無い雑談をしつつホテルへ。

    勿論、ホテルに入ったからといって襲うなんて以ての外。
    雑談しつつ、部屋の内装や料理に関して会話。
    彼女(仮名で洋子さんとするかな?)がお風呂で汗を流している間に食事を受けとることに。
    軽く頭を撫でたりおでこにキス位のスキンシップで送り出した後。

    ちょこっと冗談で。

    「覗いていいですかー?」

    と尋ねたら「ダメです!!」と返って来てクスクス笑いあったりと和やかムード。

    お風呂から出た洋子さんと食事した後。
    マッサージへ・・・・・という流れだったものの、ベッドで横になってるとなんだかいい雰囲気に。

    勿論、雰囲気が良い時にHするのが一番!
    という訳で、マッサージ師兼紳士はログアウトしました。

    ベッドで優しく抱き寄せて、撫でながらキス。
    そこから大きな胸に触れると甘い喘ぎが。
    乳首もツンと立っていて美味しそう。

    濡れ具合を確かめて、前戯をたっぷり。
    とくに乳首と乳房を強めに刺激すると反応が可愛い。
    くちゅん、くちゅんと膣からは潮吹き寸前の反応もあって敏感。

    「ふふふ、しちゃおうか?」

    甘く囁いてから、まずは正常位で濡れそぼったアソコへ。

    たっぷりと密にまみれたアソコは少しの抵抗で奥まで。

    そこから腰を動かすと、ぐちゅぐちゅとヤラシイ音が。
    かなーーり感じていて、細かくイっているのか反応がスゴイ!
    キスしながら突いたり、胸を強めに揉んで、摘まんで――とすると、再び痙攣して脱力を繰り返す。

    メールで、すぐに終わってしまう人が多いと言ってたのも解る締まり。
    それを我慢しつつ、洋子さんにたっぷり満足してもらえるよう、ピストンを繰り返してると、洋子さんの汗がすごいことに。

    そこで、一旦休憩をとって、いちゃいちゃ。
    甘いいちゃいちゃの中で感想を聞いたりしたら、またムラムラして、今度はバックから。

    これが、もう。
    洋子さん的に大ヒットだったらしく喘ぎ声が一段と高く。
    じゅぶじゅぶという水音を背景に「うわ、すごいエッチな音してるよ」等と軽い言葉責め。
    その反応が良かったのでお尻を軽く叩いたり、耳を舐めたりとエスカレートすると、締め付けや声、水音が一段と激しく。
    何度も何度も手がシーツを握りしめて、絶頂を繰り返しているっぽく。

    そんなこんなで。
    洋子さんの小さな体をたっぷり堪能して、いちゃいちゃしていたら、既に結構な時間が!

    外に出てからも名残惜しかったのでカフェでお茶を。
    そこで、色々な話をして―ー終了。

    「ホントに久しぶりにめちゃくちゃ気持ちよかったです」
    「言葉攻め駄目だと思ってたんですが、気に入った人だと大丈夫っぽいです」

    等と嬉しいメッセージを貰いました。
    いやー、楽しかった&エロかった!

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • 色っぽい巨乳人妻さんとエッチした話

    可愛らしい奥様とエッチした次の日
    7日会う予定の明るく色っぽい人妻さんから「今日と明日休みになったよ」っとのメール。

    その時、俺の仕事は超早番。
    しかも終わりが見えていた為、物凄い速さで仕事を終わらせ。
    「今日会える!」っとの返信。

    人妻さんもノリノリで、あっという間に7日を今日に前倒し決定。

    大急ぎで家に帰り、超高速で準備。
    すぐさま新宿行きの電車に飛び乗る。

    新宿駅の複雑さから、ちょっと入れ違いはあったものの無事合流。
    背が低く胸が大きいお姉さま系の色っぽい人妻さんだった。
    やはり少し緊張しているようなので、色々話題を振って冗談を言いあうと徐々に打ち解けてくる。

    そして、向かったのは。
    昨日と同じ、バリアン。
    いや、ここは使い勝手も外装も内装も良い上に、リゾートホテル風。
    にも関わらず値段は普通。並みのラブホやシティホテルより融通も効いて綺麗で設備も充実。
    ――すぐに満室になってしまうのが難点なものの昼間から行ったり予約できるならここが一番優れていると思う。
    おお、何だかバリアンのステマになってしまった。

    色っぽい人妻さんとエッチした話 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    そんな訳で、再びバリアンへ行き、豪華な部屋に入ると・・・・・・まずは二人してお風呂へ。
    その前に軽くキスして、胸へ手を。おお、プロフィール通り大きい。
    むにむにと柔らかを楽しみながらキスも段々深く、舌を絡めてイヤラシク。

    湯船に一緒に入り、その大きな胸を後ろから生で揉みしだき、乳首を摘んで優しく優しくマッサージ。
    下へ手をやると、もうトロトロ。その場で入れてしまいたかったものの、ゴムはベッドの側なので我慢。
     

    お風呂を出て、二人とも全裸で――すぐにベッドへ倒れこむ。
    本当はマッサージから始めるつもりだったものの、興奮が冷めやらぬ内にと。
    あれ?昨日も同じような展開だったような?。

    今回は、別段課題も無いので、いちゃつきで大きくなったモノにゴムを装着して正常位。
    ぐちゅぐちゅ音を立てて膣に入ると、結構強い締めつけが。
    まずは相性をと正常位でピストン。その後、バックに変えて突きまくる。

    二人とも汗だくになった所で、一旦休憩。

    用意されていたミネラルウォーターを飲んで水分補給を。
    Hの感想を聞くと「ふふふ、若いねって感じ」との応え。
    あはは、今日は初対面でのSEX合わせ(そんな言葉あるのか?。)のつもりなので、
    あまりねちっこい動きはしなかったし、これは仕方がないかな。

    その後、いちゃいちゃタイム。
    お互いの性器を弄りながら、色々なキス。舌を絡めるのが上手くてヤラシイ。

    「それじゃ、おもちゃタイムにしますかっ」
    「はーい♪」

    軽いノリでオモチャ登場。
    防水の小型デンマと亀頭が上を向いた形の特殊なバイブ。

    その前に、潤いを、とローション&膣マッサージ。
    指を一本から二本、ぐちゅぐちゅにしてから内壁の良さそうなところを探ると・・・・・・。
    彼女は奥の方にポイントがあるらしい。
    くいっくいっと責めると膣をぎゅぅぅぅっと締め付けてくる。

    イッてしまう前に、と。
    変形バイブをずぶずぶと。奥まで入れてからバイブレーションオン。
    最初ヴヴヴゥゥゥゥと動いていたものの、接触が悪いのか途中で止まったり、一定の角度にしないと震えなくなる。

    不良品だorz  

    案の定、彼女にも不評でお役御免。
    これは捨てて、違うのを買うことにしよう。

    次に持ってきたのは、小型電マ。
    初体験だからと、最小にしてクリにあてると
    ――最初は小さく喘いでいたのが段々激しくなり、「いくっ、いくぅぅ!」と叫んで、痙攣。
    その間数分。やはり電マは強烈っぽい。

    ぐったりした彼女に近づき、軽くキス。
    実は、彼女は昨日、旦那さんに襲われてSEXシている為、体力的に調子がイマイチ。
    限界だろうなと思ったので、あとはノンビリいちゃいちゃタイム。

    再び、お互いの性器を触りながらキス。
    これがお気に入りみたいで、えっちぃ事しながら恋愛相談等受ける。
    メールでも話していた、気になっている男を落とす方法。
    胸の谷間強調、胸押し付け、足の間に軽くタッチ等、彼といい雰囲気になった時の作戦を二人で練る。
    裸で抱きあいながら、エロい事して。

    いや、これかなり面白い状況だなーっと思いながら楽しんでた。
     

    その後は、得意のマッサージを披露して身体をほぐし、また二人でお風呂。
    彼女のあそこがまたトロトロになる位イタズラした後、帰り支度へと。
    次はハプニングバー行こうか?っという提案に結構乗り気だったので、来月辺りハプバー報告になるかな。

    とても楽しく明るい情事でした。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング