• タグ別アーカイブ: 恋愛苦手
  • 恋愛は需要と供給で決まる

    世の中すべて、需要と供給です。
    需要がないものは淘汰されます。
    必要とされるものがあるとそこにマーケットが発生します。
    そして人びとを満たすために供給が行われます。
    需要と供給のバランスがとれていると健全な活動になります。
    それが世界経済です。

    これは人間でも同じです。
    就職も受験も同じ原理です。
    若くて優秀な人材には需要があり、年老いた無能な人材は全く相手にされないどころか有害扱いです。

    恋愛もしかり。
    わたしのような中年で何の魅力もない男には全く需要がありません。
    孤独な日々を空虚に過ごすだけです。
    昨今の恋愛事情においては圧倒的に女性が有利で、何歳になっても需要があります。
    男はカネがあったら、とりあえず相手してくれますが、結局カネだけでつながるからすぐに切られてしまいます。
    つまり、カネに対しての需要であり、その男は全く必要とされてないのが現実です。

    恋愛は需要と供給で決まる -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    最近、すっかり孤独に染まってしまった自分にはあらゆる方面からも需要がないということを痛感します。
    こんなとき、人を好きになる感情は邪魔以外のなにものでもないです。
    恋愛感情はただ自分を苦しめるだけです。

    遠い昔にお付き合いしたことはありますが、本当の恋愛にはほぼ無縁に等しい人生でした。
    もし、女性に生まれていたら絶対変わっていたでしょう。
    飲み会でもサイトでも水商売でも女性には常に需要があります。

    歳をとるということは可能性がなくなることです。
    自分は必要とされないという孤独のなかで、いったい何を目的に耐えて生きなければならないのか、わたしには分からないです。
    しかし、生きなければならない。
    人間は社会に淘汰されたからといって、商品のように捨てられて燃やされるわけにはいかないのですから。

    SNS出会い系サイト



  • 不倫にも愛情を求める人妻

    昨日に続いて不倫がテーマです。

    出会い系サイトの利用目的は非常に多岐に渡っていますよね。
    暇つぶしの人もいれば、日記を書く人、恋人を探す人、婚活をする人、そして、浮気相手や不倫相手を探す人、…。
    人それぞれであり、その目的の理由も様々です。
    納得できる理由もあれば、「えぇ~、それはあり?」と言いたくなるものもあります。

    特に不倫や浮気が目的の人達の理由は首を傾げたくなるものがあります。
    それにともなう様々なリスクは、最終的に本人たちが背負うので他人がとやかく言うことではないとは思いますが、…。
    外から見ていて「それはちょっと無くない?」というシチュエーションがあり、関わると後がちょっと厄介という人達がおられますね。

    私は独身なので、相手が独身かバツありならば、さほど問題は無いのですが、人妻さんが相手となると気持ちのハードルが高くなります。
    私には過去に人妻と付き合った経験がありますが、厄介なことになった経験があります。

    人妻さんが不倫相手を探す目的には、多種多様なものがあると思いますが、総じて夫への愛情が薄れている感が否めません。
    一方で夫へは不倫の事実を隠したいという気持ちが強いのも事実のようです。

    夫への愛情が冷めてしまっている理由も様々なようです。
    夫が不倫をしている、構ってくれない、性格の不一致、性的趣味の不一致、DVをする、稼ぎか悪くて愛想を尽かした、等など。
    不倫を知られたくないという裏には、現在の収入源を維持したい、離婚調停を有利にしたい、など、現状がある程度有利であることを認識していることがあげられます。
    不倫が発覚すればこの有利な状態は瓦解する訳で、下手をすれば最悪な生活に追い込まれてしまいます。

    考えてもみれば、結婚相手の条件として、いい会社に勤め稼ぎが良く、学歴がある程度あり出世が見込める、欲をいえば見栄えも良い、そんな男を結婚相手にしたいと考えると思うのですが、何かの切っ掛けで夫への愛情が覚めてしまい、他者に愛を求めるとなると、一途に愛したい愛されたい相手を求めると思うのです。
    しかし、一方で現状は維持したいという矛盾を孕んでいます。

    不倫にも愛情を求める人妻 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    夫婦の両者が不倫をしているならばいざ知らず、一方のみが不倫をしている場合は、不倫をしている側に裏切りの暗部があると思う訳です。
    夫が不倫している場合は、妻を単に家政婦か保育士ぐらいにしか認識していなとか、妻が不倫している場合は、夫をATMぐらいにしか思っていない等のように、…。
    何れにしても、愛情は冷めているとしても、一定の利益があるので現状は維持したいと考えるようです。

    自分を有利な状況に置いた上で、不倫相手に愛情を貪欲に要求したりする人が多いように思います。
    密な連絡を要求したり、貪欲な肉体関係を要求したり、長時間の逢瀬を要求したり、多額の金銭やモノを要求したり、…。
    婚姻関係に生活基盤が保証されている中での不倫だからそうなるのかもしれませんが、貪欲になればなるほど裏切りの度合いは深まると思うのです。
    不倫相手の配偶者をも傷つけているのに罪悪感すらないように思います。
    端から見ていると、本人はそのことに向き合うこと無く逃げているように見えます。
    やけっぱちになっているように見えまし、とても自分勝手なようにも見えます。

    多分、薄らと罪悪感を持っているんだと思いますが、それが不倫のスパイスなのかもしれず、そのスパイスを楽しんでいるとしたら、「それはちょっと、…」となります。

    妻帯者が相手の不倫の場合、いつでも逃げ帰ることができる家庭があるのは卑怯だと思いませんかね。
    不倫が破綻する頃はきっとそう思うに違いないと考えます。
    それゆえ、破綻した時の復讐や落胆は激しいと思うのです。
    妻帯者の上司と不倫したOLの末路が不幸になることが多いのは、そういうことなのではないでしょうか。
     

    芸能界で不倫問題が多発して以来、不倫をなんとなく「容認する雰囲気」が出てきましたが、「容認する雰囲気」の本質は「マスメディアが当事者間の問題である不倫を頻繁に取り上げることを自制しろ」ということであり、不倫自体が容認された訳ではないと思うのです。
    結婚相手を変えたいのであれば、手順を踏むのが正攻法だと思うのです。
     

    この日記に書いたことは、一方的な価値観ではあります。
    ただ、不倫を積極的に肯定するには些か抵抗があることの表明に過ぎません。
    世間には色々な考えがあることも承知していますし、不倫を肯定する社会的グループが存在することも知っています。
    男女の恋愛が倫理や道徳、法律に縛られるものではないことも知ってはいますが、社会の一員である以上、できるだけ他者を不幸にすることには関与しないという自制心が求められると思うのです。

    SNS出会い系サイト



  • ずっと独身で貧乏な男性の本音

    ずっと独身、ずっと自営業、友だちもほとんどおらず、とにかく人付き合いが苦手で下手。
    そのくせ、恋愛願望は強く、一応大学まで体育会系だったために後輩や年下には寛容。
    いいとこを見せたいだけかもしれないですが、基本的に人から頼られたい気持ちは強い。
    それがわたしです。

    いろいろ付き合いはあれど、表面上の付き合いで相手のことをたいして知らない。
    深入りしない主義でもあります。
    相手に深入りされることもひどく嫌い、自分を守りたがります。

    お金に関しては借金はしたことないし、相手に貸そうとも思わない。
    お金の問題が出たら、逃げるように縁を切ってきました。

    恋愛では恋人の機嫌ばかりを伺い、気疲れしてしまい、やがては自分がどんな人格だったかわからなくなります。
    そしてそれは女性にすぐに見抜かれます。
    だから別れる理由はいつもひとつです。
    わたしの本心や本当の姿が見えないと言われます。
    いつも優しく接し、暴力や暴言は一度もないのですが、恋人はわたしといても違和感や孤独感を覚えるようです。
    このままではいけない、そう思えば思うほど、ますますぎこちなくなり、取り繕ってしまいます。
    最近では結婚はおろか、恋人も一生出来ないかもしれないと危惧を抱いてます。
    しかし、全く光は見えません。

    ずっと独身で貧乏な男性の本音 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    仕事や友人付き合いも距離感がわからないから、気付けば当たり障りのない付き合いばかりになりました。
    かといって、誘われたらまず断らないです。
    自分の殻にこもってしまう性格なのに、付き合いは喜んで行く、しかし深い付き合いは出来ない、自分でもよくわからないです。

    いつも気を遣ってばかりだから、帰るとホッとします。
    気疲れから解放されるからです。
    しかし、次の夜にはなんとなく寂しい気持ちになったりします。
    ますます自分がわからない。

    みなさんは人との付き合いや距離感に違和感を覚えたり、自分がわからなくなったりすることありますか?
    もし解決出来るなら、その方法はなにがベターだと思いますか?

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • 失恋続きの中年男の悲哀

    今まで好奇心と向上心と可能性でいろいろやってきました。
    それなりに楽しんできましたし、充実してたかなと思います。
    もちろん身の丈にあったことばかりで、他人からすれば些細なことかもしれないですが、自分には満足に値する経験が出来ました。

    しかし、どうしてもひとつやり残したことがあります。
    そしてそれは今年45歳を迎えるにあたって、今後も達成されることが限りなくゼロに近いです。
    シビアな現実に打ちひしがれます。

    それは恋愛です。
    いつも何をしても、心に穴が開いてるような感覚です。
    それを忘れるように、いろいろチャレンジしても、結局最後はなんとなく虚無感に襲われます。
    恋愛なんかに振り回される自分が情けなく感じ、たいしたことではないと自分に言い聞かせ、また新たなことにチャレンジします。
    しかし、やっぱりなにか足らない思いに至ります。

    失恋続きの中年男の悲哀 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    片思いしか経験がなく、両思いのお付き合いを知らないのです。
    お互いに好き同士ってどんな感じなのでしょうか?
    聞いたところで何の参考にもならないし、羨ましさが増し、自分の人生が惨めに思えるだけです。

    わたしにとってはお付き合いは妥協の産物です。
    でも、それはそれで楽しめましたし、いい経験になりました。
    今までのお付き合いに全く後悔はないし、いろいろ学んだし、影響を受けることもありました。
    嘘じゃなく本当に感謝しかないです。

    しかし、わたしの中では恋愛とは違うような気がするんです。
    告白はもちろん全敗です。
    断られたときの気持ちは自分を全否定されたような気分になり、存在価値がないクズになった感じです。
    だから告白されたら断らないようにしてました。
    でも中途半端な気持ちで付き合っても長く続かないですよね。

    気付けば8月にもう45歳になります。
    たぶん、恋愛を経験する可能性は限りなく低いです。
    そう思うと喪失感や絶望感に支配され、眠れないです。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • 女性関係でこの状況はかなりヤバイかな?

    新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

    自分にはワクワクメールで知り合った女の子が2人います。
    1人は自分の事を好きでいてくれる若い女性。

    もう1人は自分が気になる人妻の女性。
    人妻の事を気になっていると若い女の子に伝えたら、何でそんな人を好きなの?しかも人妻でしょ?私とその人で何が違うの?と質問攻め。

    自分はその人妻の女の子は魅力があるんだよ。と答えると相手はどう思っているの?と聞かれたので、相手は俺の事を好きじゃないと思うよって言った。

    あまりにもしつこく質問してくるもんだから、もう今後は話さないし、連絡も取らないと言ってしまった。
    なら、その人妻とも連絡取らないでよ。絶対に!って言ってきた。

    女性関係でこの状況はかなりヤバイかな? -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    イライラしていたのもあったから、わかった、連絡取らないで皆んな切るよ。と喧嘩みたいな感じに。
    若い女の子はその人妻と連絡取っていたら、その人妻の家庭を絶対壊すからねと脅してきた。

    今の状況はヤバイよね?
    その人妻さんとは今度会う約束していて、楽しみ過ぎて日記に書いたら美人局じゃねーか?みたいな事言われるし。。。
    いくら違うと説明してもわかってはもらえず。

    もう、その人妻さんとは何ヶ月も知り合いだし、何度も話しているのに。
    すぐに会うって言ってるわけじゃないのに。

    しかもエッチするわけじゃないんだよ?
    こんな時間かける奴いないでしょ?

    やはり、俺は出会い系サイトで知り合って楽しく過ごすのはダメなのかな?

    SNS出会い系攻略ランキング