• タグ別アーカイブ: 過去
  • 忘れる事の出来ない女性。。。

    その相手は自分が20代の頃に付き合っていた女性。

    自分が相手の事を好きで好きでどうにもならないぐらい大好きだった女性。
    6年間も付き合ってました。

    毎日、会っていても飽きる事は全く無いし、飽きるどころか会うたびにどんどん好きになっていった。

    相手の親とも仲良くて、いつ結婚??って話まで出ていた。

    でも別れてしまった。。。それは自分がいけなかった。
    自分は昔かなりの貧乏人でした。

    っていうか、親が貧乏だからお金が全くなかったんですが。
    それで相手の女性には妹がいて、その彼氏さんはかなりの大金持ち。
    俺とは正反対。

    妹は彼氏からブランド物のバックやアクセサリーや靴や服などいろいろプレゼントしてもらっていた。
    俺は6年間付き合っていて、プレゼントした物はたった3万円のアクセサリー1つだけ。

    その3万円を出すのにも、コツコツ貯めたお金で。
    彼女はとても喜んでくれました。

    でも、その後妹から借りて来たとブランド物のバックなどを俺の気持ちもわからず自分に見せびらかしてきた。
    毎日、違うバック。

    好きなのに何1つ高価なプレゼントなど買ってあげられなかった。
    もちろん、そのバックの事で喧嘩にもなりました。

    俺は悔しくて情けなくてムカついていたから。
    どう対抗しても勝てるわけもない妹の彼に勝ってやろうと夜中バイトを始めた。

    バイトの社長にも何で昼夜働くんだ?と聞かれ正直に彼女へのプレゼントを買う為ですと答えた。

    社長はそうか!と優しい笑顔で雇ってくれました。
    まー、まだその時は若かったから出来たと思うけど。

    忘れる事の出来ない女性 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    2日に1回のペースで入れてもらった。
    50万を目標に貯まったら、その50万全てその彼女に遣ってあげたかった。

    今までの分、何でも買ってあげるつもりだった。
    昼間は本職、夜中はバイトだから寝る暇なくて夜中休みの日には死んでるように寝てました。

    あっ、夜中のバイトは彼女に内緒でやって、サプライズ的な感じでやってあげようと思っていました。

    そんな日が続き、彼女とも半年に2回ぐらいしかあえませんでした。ただ、ただがむしゃらに働いた。

    50万が貯まりバイトを辞めようと思って社長のところに言いに行くと、お前本当に彼女の事が好きなんだな!よく頑張ったと褒めて頂きました。その後、給料とは別の封筒が社長の胸ポケットから出てきた。

    なんですか?これ?と中を見てみると10万入ってました。

    なんですか、このお金??と聞くと、お前頑張ったから、これは俺からのプレゼントだ!と。

    自分で稼いだお金は彼女へのプレゼントに使って、俺が渡したお金で2人で何かうまいものでも食べろと。。

    もう、場所を考えず声を出し泣いてしまいました。
    嬉しくて。

    その後、彼女へ連絡し誕生日に会いたいと言った。

    彼女は、あっ!私も話したい事があったの。と言って誕生日の前に会う事に。

    俺は何も知らないのと、誕生日には彼女の笑顔が見れると思いニコニコしていた。

    彼女からは突然別れたいの一言だけ言われた。
    俺はえっ?何?みたいな感じで把握できなかった。

    今、別れたいって言った?と聞くと首を縦に。

    えー、何でだよ!何が理由だよ!って聞いてみると好きな人ができて、誕生日はその人と過ごしたいと言ってきた。

    俺がバイトをしている間寂しくて、その時に声をかけてきたんだって。

    俺がバイトの時に何度か会っていて、その人からそんな彼氏をやめて俺と付き合ってよと言われて付き合う事になったみたい。
    納得するしかなくて、別れました。

    そのお金はもちろん自分で全て遣いましたよ!
    荒れてましたし。。。

    社長から頂いた10万は泣きながら返しに行きました。
    今となっては良い思い出ですが、今でも忘れる事の出来ない女性です。

    SNS出会い系攻略ランキング



  • セックスの上手な女性の思い出

    セックスの上手な女性というと、キスやフェラが上手とか、騎乗位の腰振りで男をイカせるとか、エロい雰囲気を持っているとかが分かりやすいと思います。

    でも、そういった事とは違う点で僕にはセックスが忘れられない女性がいます。その女性と知り合ったのはYYCというSNS出会い系出会い系サイトでした。

    その女性は見た目こそ美人系だったけど、フェラも騎乗位もごく普通で演技的な大げさなリアクションもありませんでした。

    何が忘れられないかというと、セックス中にこちらの意図をすぐに汲み取って、正常位をしようとすると足を開き目にしてくれたり、バックをしようとするとお尻を突き出してくれたり、いつもすごく自然な感じでアシストしてくれたんです。
     

    男も決してソープランドのような一方的なサービスを求めているわけではないけど、女性が協力的でセックスがスムーズにいくとすごく心地よいです。
    彼女と伊勢志摩に旅行したときは一晩中ずっと、何度したか分からないぐらいセックスをし続けました。

    ただ、ひとつ残念なのは彼女のセックスが素晴らしいことに後で気づいたことです。

    彼女の後に付き合った女性とセックスをした時に、何度回数を重ねても全然スムーズにいかなくてすぐに疲れてしまったり、セックス中に雰囲気が壊れるようなことがあったりして、その時に初めて彼女の良さに気づきました。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • やっぱり終わった彼氏持ちの女との恋物語

    彼女と出会ったのはラブサーチというSNS出会い系サイトである。

    彼女との付き合いは1年半程であった。僕にとってはあっという間のできごとだった。

    ごく普通のカップルのように、毎日電話やLINEをして、仕事の話しや今日あったことなど、たわいもない話をした。そんなことでさえ、毎日が楽しく幸せだった。

    今思えば彼女とは良く会えていたのだと思う。平均にすると月に3回くらいは会っていた。それは、彼女がキャリアウーマンだったからだ。男性の多い役職に就いていたため、研修が一緒になることが多く、研修終わりには毎回飲みに行っていた。

    このころ流行っていた彼氏持ちの女のドラマで、会う場所はいつもホテルだと言う話があったが、現実もそれに近いものだった。昼間に外を出歩くのはリスクが高かった。お互いにそれは理解していたため、ホテルでの時間を楽しんだ。エッチだけでなく、ゴロゴロしながら色々話をしたり、テレビを観たり。普通のことであるが、それだけでも幸せだった。

    やっぱり終わった彼氏持ちの女との恋物語 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    体の相性もとても良かった。お互いにテクニックがあるわけではない。特別なことをするわけでもない。お互いに大好きな気持ちがあったらこそ、愛のあるエッチができたのだと思う。

    泊まりで出掛けることも何度かあった。彼女に子供がいなかったのが泊まりやすい理由だ。県外に行けば、一目を気にすることなく、普通のカップルのように振る舞えた。手を繋いだり、肩を寄せあったり。泊まりのお出掛けは、何もかも忘れて二人の時間を楽しんだ。

    普通のカップルのように誕生日やクリスマスも祝った。彼女の喜ぶ顔を思い浮かべながらプレゼントを探す時間が幸せだった。

    本当に彼女を愛し、大切にしていた。

    いつかは必ず終わりを迎える彼氏持ちの女。それはわかっていた。でも、今すぐにとは考えもしなかった。何も変わらず楽しく過ごしていた毎日。こんなに早く終わりを迎えるとは…

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • イククルで出会った彼女との別れ

    彼女と出会ったにはイククルという出会い系サイトであった。

    彼女には自分が知らないたくさんのことを教えてもらい、たくさんのことを経験させてもらった。仕事の愚痴もたくさん聞いてもらった。

    彼女もまた僕から学び、経験したことがたくさんあったと思う。

    お互いに支えあい、なくてはならない存在になっていた。

    ずっとずっと一緒に居られると思っていた。僕のそばで支えてほしかった…

    彼女と最後に出掛けたのは、夏も終わろうとしている頃。夏の忙しい時期も乗り越え、週末に時間が取れるようになっていた。

    イククルで出会った彼女との別れ -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    ちょうど共通の友達との飲み会が遠方であったので、泊まりでお出掛けをした。

    いつもと変わらぬ車中。仕事の話や最近の出来事の話で盛り上がりながら現地へ向かった。

    その夜はみんなと楽しく飲み、ホテルでは二人だけの幸せな時間を過ごした。いつもと変わらない泊まりのデートだった。

    週明けから、彼女は1ヶ月程の長期出張があった。出張の最終日の夜、二人でホテルに泊まる約束をし、彼女を笑顔で見送った。

    出張の始めの頃は、いつもどおりに電話やLINEをした。慣れない環境で頑張る彼女の悩みや愚痴を聞いて支えていた。会えないけど話せるだけで楽しかった。

    出張に行って1週間が過ぎた頃から彼女も仕事に慣れ、仲間達とも仲良くなってきたが、僕とのLINEや電話の回数が減ってきた。夕方いつどおりに電話をするのだが、毎晩、仲間達と夕飯を食べに出掛けていて、殆ど電話で話すことができなくなった。

    彼女が夕飯から帰る頃には、自分も自宅に帰っているため、話せない日が続くようになった。

    彼女が出張に行ってから2週間位たった頃、電話でケンカをしてしまい、LINEで「今までありがとう」と心にもないことを入れてしまった。

    彼女から「しばらく連絡しないから」というLINEが最後に出張最後の日の夜も会うことはなかった。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • だんだんと疎遠になって遂に終わった

    僕は相手の家庭のことを気にしたことがなかった。旦那と仲良かろうが悪かろうが、彼女と二人の時間が幸せに楽しく過ごせればそれで良かった。

    でも、彼女は僕の家庭のことを気にしていた。僕の家庭を気遣うのではなく、嫉妬に近いものがあった。

    彼女から連絡が着たのは、出張最終日の夜だった。僕は彼女に会えない辛い思いをまぎらわすため飲んでいた。彼女からの「仕事終わった?」のLINE。「今日は飲んでる」と返すと、「じゃあいいや」と。また元に戻るのだと淡い期待を僕は抱いていた。

    彼女と電話ができたのは、それから二日後。気まずい感じはあったが、お互いに連絡を取らなかった間の出来事を話した。なんとなくよそよそしい感じはあったが、翌週末に会う約束をし電話を切った。

    だんだんと疎遠になって遂に終わった -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    会うまでの間、LINEや電話はいつも通りしていたが、既読スルーや電話を返してこない時もあった。今までと違う感じはあった。

    彼女と会ったのは、出張前の泊まり以来1ヶ月ぶりだ。今まで付き合ってきてこんなに会わなかった日はなかった。久しぶりの夕飯。楽しみよりも不安の方が大きかった。

    彼女のお気に入りのお店に行った。なんとなくよそよそしい感じでスタートしたが、会えなかった1ヶ月の出来事をお互いにたくさん話した。

    夕飯を食べたあと、いつもの駐車場に彼女を送り、車の中で少し話をした。手を握り、ハグをしたがいつもと雰囲気が違った。その時彼女から一言「好きな気持ちはあるけど別れたい」と。

    出張中にケンカをしたときからたくさん考えていたようだった。いつかは終わる関係なのだから、これをきっかけにと思ったらしい。

    僕はなんとなく嫌な予感はしていたが、好きな気持ちがあるなら考え直して欲しいと食い下がった。結局この日は結論が出ずに、また来週末に会うことにした。

    翌週会って話しはしたが、平行線をたどった。いっそうのこと、大キライだから別れると言ってもらった方が楽だとも思った。

    彼女の気持ちの中に、僕に対する気持ちがあるせいか、ハッキリとした応えがでない。またこのときも結論がでないまま、いつ会うかも決まらずその場を後にした。

    しかし、別れのときは突然訪れた。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング