• タグ別アーカイブ: セフレ
  • イキすぎて手足がしびれる女

    PCMAXで知りあった子で、イキすぎて手足がしびれる子がいました。
    詳しくは聞かなかったんですが、筋肉のつき方から多分スポーツやってる子。
    2時間で20回以上イッて、終電なのでもう帰らないといけないのよね?と性感マッサージをやめてから急にヘタる。

    ん、どうしたの?早くシャワー浴びないと、と言ったら、
    「手足がしびれて動けないんです・・・」と。

    帰らないといけないけど体が動かない。もうこのまま泊まりたいけど帰らなきゃいけないらしい。

    ということで、「はい、もう体は日常に戻るから安心してね。大丈夫。今からはもう普通に動けるからね。」と何度も自己暗示を促す。ちょっと焦ったけど、帰るという目的があるから強制的にトランス状態を解かなきゃいけない。

    ようやく手足のしびれはおさまったものの、油断するとすぐイキそうになる。目を合わせるとダメらしい。もちろん触るとアウト。すぐイク。

    ということで、手足のしびれがとれた時点で何とかシャワールームへ。かかるお湯の刺激や自分の洗体でイクことはなさそうなので安心。ただ見たり喋りかけたりするとトランスに戻ろうとするらしい。喋りかけると「あ、それダメです・・・」と拒否される。

    イキすぎて手足がしびれる女 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    なのでお互い無言、後ろ向きかつお互い鏡から見えない位置でそれぞれ洗うという、喧嘩したカップルのような非常に不思議な光景でシャワーを終える。

    シャワーから出たらもう大丈夫、すぐ日常に戻れたようで笑顔でバイバイ。終電には間に合ったらしい。

    放置してほとぼりが冷めるのを待つのが一番いいんですが、こういう場合に備えて、イカせることだけでなく事後のトランス解除も勉強しないと、と痛感しました。

    SNS出会い系サイト攻略TOPランキング



  • 楽して出会った事に意味はあったのか?

    そもそも私が出会い系サイトを始めたのは、自分の老いを感じ始めた頃に男としての魅力がどのくらいあるのか確かめたくなった事です。

    人数的な事だけを見たら私は勝ち組だと思います。
    セックスもたくさんしましたし、セフレも何人も同時に作りました。
    当時はそんな自分はいわゆる
    「イケてる男」
    と自負していたのです。
     

    ではその結果、私がモテる男だとか魅力的な男だと言えるのか、疑問に思うようになりました。

    私が疑問に思った原因は、私が会った女性達のほとんどが私と同年代だった事です。

    もちろん同年代の女性達を軽んじるつもりはありませんが、今思えば同年代の女性達は私の事をただの
    「店外出張ホストサービス」
    としての需要だったのではないかと思うのです。
    しかも無料の。

    要は「都合の良い男」だったのです。

    そこそこの容姿でオシャレに気を使い、食事代やホテル代は出してくれ、自分の都合の良い時間に会いに来てくれる、非日常的な、若い頃のような気持ちにさせてくれる、そんな相手。
    そして刺激的なセックスしてくれる相手。

    既婚で旦那との生活に飽きている女性にとっては刺激を与えてくれる恰好の相手だったのではないか?と思うのです。

    極端な話、その条件さえそろっていれば別に私で無くても良かったはずです。
    その条件に当てはまる相手がたまたま私だっただけの事で、私の「個」はどうでもよかったのではないかと。

    そういう女性は当然、私と別れてもどうという事は無く、またサイトで別の同じような男を探したのでしょう。
     

    以前も書きましたが、私は出会い系全盛時には自分から女性にメールをした事がありません。
    プロフにそれらしい写真を載せ、女性に受けそうなプロフを書き、そして日記を書いているだけで頻繁に新しい女性からメールが届きました。

    「無料店外出張ホストサービス」の私に対して興味を持って、です。

    そして相手の希望通り会う約束をし、そしてお互い気に入った場合はセックスをしてきたのです。

    そう、タイトルの通り私は楽をしてたくさんの女性と会っていたのです。

    自分から努力して、自分が興味を持った女性に会った事はほとんど無いのです。
     

    私は会った女性達からいろいろな経験を得る事は出来ましたが、それと引き換えに自分の心は少しずつ削られ、乾いていきました。

    何人もの女性と会い、複数のセフレを作ってもついには満たされる事はありませんでした。

    そして自分を見つけるどころか、自分を失ってしまったのです。

    SNS出会い系サイト攻略TOPランキング



  • 知らぬ間に終わってた初体験

    飲み会があった、あとで知る事になるんだけど、はめられた?誘われた?襲われた?どういう表現が当てはまるかわからないが、酔っぱらって記憶がないまま初体験が終わってた。

    朝起きると、裸で寝ていて横に俺の肩を枕にして寝ている女性がいた。
    記憶にないのでこの状況が掴めないままプチパニックを起こしてフリーズしていると、横で寝ている女性がおもむろに俺の息子を握りしめてきた、顔を見るとまだ寝息をたてている、無意識に握りしめてた。

    女性に触られた事もない息子が柔らかい手に包まれれば自然と息子もムクムクと徐々に大きくなり、手の中で硬くなっていった。
     

    それに気づいたのか、固まってる俺にキスをして『おはよーぅ』とにこやかに語りかけてきた。

    手の中で硬くなった息子先を親指で刺激しながらの弄んでいた。

    彼女が『昨日酔っぱらってお姉さんに甘えたい!エッチがしたいと言ったのでしたいことをさせてあげたんだよ』と言ってそのまま布団に潜り込んで息子を口の中に含み舐め始めた。

    エロ本やエロビデオでしかなかった光景が今目の前で繰り広げられようとしていた。

    あまりの気持ち良さに逝きそうになった俺に気づき俺の方にお尻を向け股がり、あそこが丸見えの状態でしたから彼女の手であそこを開き栗を剥き出し指示をだしながら俺を誘導して舌での愛撫を教えられた。

    その日に3回も放出し体験が終わったが、その後何度か会い、エッチの仕方を教え込まされた。
     

    その女性は最初に書いた通り初物食いが好きなので、慣れてきたと思ったら、もう私から卒業よと最後のエッチで教え込まされた事を全部させて女性の身体を悦ばすエッチを時間の許す限り貪りあった。

    SNS出会いサイト人気ランキング



  • 数年間の出会い系活動で60人くらいの女性と出会った

    私は数年間の出会い系サイト活動で、個別に60人くらいの女性と会ってきました。

    ちなにも利用したサイトはたくさんありますが、ワクワクメールハッピーメールが多いですね。

    そのうち半分くらいの方と1度の肉体関係を持ち、そのうちのさらに半分くらいの方と2回以上~数年間のお付き合いをしました。

    で、今回はその成功話では無く、続かなかった方の話。

    数年間の出会い系サイト活動で60人くらいの女性と出会った -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    上記の数から、私は30人くらいの女性とセックスをした中で15人くらいの方とは1度きりだった訳です。

    その30人のうち始めから一度限りの火遊びのつもりだった女性もいたと思いますが、そうではなく長くお付き合いする「つもり」で私とセックスした女性も多かったと思います。

    しかし結果としては1度で終わってしまった。
     

    もちろんそこにはいろいろな原因があるでしょうが、女性側の気持ちは私には分かりませんのでここでは私側の話をします。

    実は1度きりだった15人の女性のうち、2度目を私の方からお断りさせて頂いた女性も少なくありません。

    別に自慢するわけではありませんが、セックスの後に女性の方から
    「また会いたい」
    と言われた女性もそれなりにいましたが、私がお断りしたのです。

    それはやっぱり「しっくりこなかった」からです。

    私のような立場の男が外でお付き合いする場合、その会っている時間におけるセックスの割合は高く、極論すればそれだけのために会っていると言っても過言ではありません。

    世間一般で言えば「セフレ」的なお付き合いなのかもしれませんし、ただの都合の良い相手なのかもしれません。
    しかし少なくとも私は心無しに女性を抱いた事は一度もありません。

    初対面で相手に好感を持ち、長くお付き合いが出来る「かも」と思ってセックスに及んだのです。

    その上で及んだセックスでしたが、なかなかしっくりくる方がいなかったのです。

    女性からしてみれば「やり逃げ」「やりモク」されたと思われたかもしれません。
     

    私の立場での言うお付き合いは、絶対に長く続く関係ではありません。
    近い将来に必ず終焉が訪れます。

    ですからセックスには妥協が出来なかったのです。

    SNS出会いサイト人気ランキング



  • お互いに燃える禁断の愛

    彼女は、スリルと興奮を求め、友達は彼女の彼氏に弄ばれ、変な関係トライアングルが出来てしまった。

    ちなみにPCMAXで知り合った。

    友達とする時はカーセックスが多くなった。
    友達の会社まで迎えに行って、助手席に乗り込むと、徐に俺の股間に手が伸びて擦りだし、縮こまった息子を口の中で、大きくすることが嬉しくて仕方ない。
    運転中は何かない限り息子を口に含みそのまま移動する、ホームセンターや大型スーパーの駐車場の端に停め、おねしょシート(彼女は、濡れ方も半端なく直ぐに潮も吹くので)をひいて始める。

    やめろと言うまで玉袋、玉裏やアナルをオナリながらするのが好きで、延々と舐め続ける。

    入れる迄にいつも友達は3回~5回程、自分で慰め逝ってしまう。

    敏感になった身体を弄ばれるのが気持ち良く興奮するみたいだ。

    お互いに燃える禁断の愛 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    このトライアングルの状態もめんどくさくなってきた俺は、友達に彼女とレズが出来ないか聞いてみたところ、出来ると言うので、タイミングみて二人でいるときにやってみろと指示をした。

    完全に友達を彼女が受け入れたら俺も参加して3人でしようと持ちかけた。

    逐一報告しますといい期待しながら待ち続けた。

    最初の報告は1週間後だった。
    二人で家飲みしている時、友達は彼女の胸の大きさを誉めながらパジャマの上から触って反応をみた、まんざらでもなく触らせた、触り続けても何も言わなかったのでパジャマの中に手を入れ直接触りながら揉み始めた、ホロ酔いもあり、彼女は、なすがままに触られる気持ち良さに浸っていたのでそのまま指の間に乳首を挟み刺激し、また反応をみた、彼女は眼を閉じ、感じながら吐息を漏らしていたので、ボタンを外しもう片方の乳首を口に含み舌で転がした。
    そのまま彼女は友達の頭を抑え快楽に溺れていった。

    友達は自分も気持ち良くなりたがったが、まずは彼女を気持ち良くさせ、逝かせる事を優先させた。

    左手で乳首を刺激し、もう片方の乳首を口に含み舌で転がし刺激し、右手を下半身にもっていきパジャマの上からクリを擦り刺激した。
     

    もうここまでくれば抵抗もないと思い友達は彼女のパジャマもパンティも脱がせ彼女の股の間に顔を埋め、舌でクリを転がし吸い、舐め続けていった。

    舐めながらも自らの手は自分のまんこにもっていき自慰行為に耽っていった。

    友達を逝かすのと同時に友達も同時に果てた。

    1度してしまえば、もうお互い拒む事もなくお互いのを舐め合い触り合いながら快楽を貪るレズな二人になっていった。
     

    その間、俺は彼女とは会わない様にして、友達との快楽にハマっていくまで待ち続けた。

    友達を会社まで迎えに行き、全てを聞き、もう大丈夫だろうと、週末にアパートに行く事にした。

    SNS出会いサイト人気ランキング