• タグ別アーカイブ: 価値観
  • 恋愛は需要と供給で決まる

    世の中すべて、需要と供給です。
    需要がないものは淘汰されます。
    必要とされるものがあるとそこにマーケットが発生します。
    そして人びとを満たすために供給が行われます。
    需要と供給のバランスがとれていると健全な活動になります。
    それが世界経済です。

    これは人間でも同じです。
    就職も受験も同じ原理です。
    若くて優秀な人材には需要があり、年老いた無能な人材は全く相手にされないどころか有害扱いです。

    恋愛もしかり。
    わたしのような中年で何の魅力もない男には全く需要がありません。
    孤独な日々を空虚に過ごすだけです。
    昨今の恋愛事情においては圧倒的に女性が有利で、何歳になっても需要があります。
    男はカネがあったら、とりあえず相手してくれますが、結局カネだけでつながるからすぐに切られてしまいます。
    つまり、カネに対しての需要であり、その男は全く必要とされてないのが現実です。

    恋愛は需要と供給で決まる -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    最近、すっかり孤独に染まってしまった自分にはあらゆる方面からも需要がないということを痛感します。
    こんなとき、人を好きになる感情は邪魔以外のなにものでもないです。
    恋愛感情はただ自分を苦しめるだけです。

    遠い昔にお付き合いしたことはありますが、本当の恋愛にはほぼ無縁に等しい人生でした。
    もし、女性に生まれていたら絶対変わっていたでしょう。
    飲み会でもサイトでも水商売でも女性には常に需要があります。

    歳をとるということは可能性がなくなることです。
    自分は必要とされないという孤独のなかで、いったい何を目的に耐えて生きなければならないのか、わたしには分からないです。
    しかし、生きなければならない。
    人間は社会に淘汰されたからといって、商品のように捨てられて燃やされるわけにはいかないのですから。

    SNS出会い系サイト



  • セカンドパートナー

    結婚している、恋人(彼氏彼女)がいる。

    それだけじゃ、なんて思ってるのは、相手にとってとか、非常識とか、受け入れられないと言われるのは分かってる。

    でも、考え方、思いは人それぞれ、どういう理由でどうしてしてるかが大事。

    人生は一度きり、後悔すらなら、後悔する前に行動しないと、後々それがしとけば良かったと思いが残ってしまう。

    セカンドパートナー -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    結婚相手、彼氏彼女とは仲が悪い訳ではないけど、今、もう少し何かを足される事によって普段の生活も充実して楽しく過ごせると自分では思ってる。

    性欲の為、相手が誰でもいいという遊びなのは浮気や不倫であって、セカンドパートナーとは俺は違うと思う。

    お互いの事を考え、信用信頼し、負担をかけない関係がセカンドパートナーかななんて思ってる。

    お互いの空いてる時間、LINEも電話も相手の生活に支障のないタイミング、ちゃんと決めてちゃんと守る。

    思いが強くなって、好きな気持ちを押さえられなくなって、回りが見えなくなって暴走したら、昼顔じゃないけどドロドロの深みにハマってお互いの心が離れ終わってしまう。
    そのままお互いが離婚や別れて、一緒になったとしてもまた次の相手を探して同じことの繰り返し。

    程よい距離感と程よい気持ち。

    セカンドパートナーをもつということは、わがままで贅沢で身勝手なこと。

    だから妥協もしないしちゃんと分かり合える相手を求めて。。

    SNS出会い人気ランキング



  • 精神肉体両方あるのが出会い

    出会い系サイトの日記のジャンルは予め設定されたキーワードに従うしかない。
    書きたい日記の内容を無理やりそのキーワードで定められたカテゴリに当て込むしかないのだが、当然、無理もある。
    しからば、多くの人の目に触れるように、エロいジャンルのキーワードに当て込んだほうが面白いかもしれない、…、と思った。
    前置き、と言うかなぜフリーキーワードが使えないのかという愚痴はこれぐらいにして、本題に入る。

    前にも書いたけれども、出会い系サイトを使い始めたきっかけは、悪い女に婚活サイトから出会い系サイトに誘導されたのが始まりだ。
    初めて知った出会い系サイトはサクラがウジャウジャいる悪質サイトだった。
    しかし、色々勉強もさせてもらった。

    そんな中で出会い系サイトの良し悪しを知ることになり、いわゆる援や割の方々と出会ったこともあったし、彼女らの目的に則した付き合いも経験した。
    ただ、もともとは婚活だったので彼女らとのお付き合いは私の目的に見合うものではなく、何の結果も得られないものとなった。
    今から考えると、全く持って時間もお金も無駄だったと思う。
    援でも割でもその先に婚活と同様の結果があるのならば全くの無意味ではなかったとは思う。
    しかし、援はまだしも割は日常的な関係性を断つという人間関係から、婚活とは相容れない形であり、必然的に私にとっては無意味な結果となることは予想できたものではある。

    精神肉体両方あるのが出会い -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    そもそも出会いとは何ぞや、…、と、考えた。
    単に人と人が面と向かうことを言うのだろうか。
    狭義ではそうかもしれない。
    しかし、その後の続きがなければ何の意味も無いように思う。

    一時的に出会って体の関係を持った場合はどうなんだろうか。
    この場合も狭義の出会いに近い。
    単に性欲や金欲を満たすことができたとうこと以上のものはない。
    このような出会いの形を批判したり排除する権利は私はないし、おそらく誰にもない。
    単に好むか好まないかだけであるような気がする。

    一方でネット上のみの関わり合いは出会いと言えるだろうか。
    言葉によって精神的に影響を与え合うことが可能だ。
    身体的出会いが無く、精神的出会いのみという如何にも現代的ネット社会の出会いの形である。
    やろうと思えば肉体的接触以外のあらゆる事が実現可能かもしれない。

    しかし、人と人との出会いは、最終的には面と向かい継続的に関係を持つことではないかと思う。
    精神的かつ肉体的関係、及びそれらに付随する関係を維持することであると思う。
    友人関係や夫婦の関係などがその究極的形態ではないだろうか。
    もし、関係性を永続させようと思うのであれば、倫理的要素も必要である。
    援とかセフレという関係性は不安定な関係性である。

    何れにしろ、出会い系サイトの本来の存在意義は、健全(性的関係が不健全という訳ではない)で永続的な人間関係の出発点となる出会いの切っ掛けを提供することにあると思うのだが、…。

    そのような切っ掛けが欲しい今日この頃である。

    SNS出会い系サイト



  • 望まなくても不倫する可能性がある時代

    以前の日記で不倫のことを書きました。
    その日記で、不倫する人はズルいところがあると書きましたが、読み返してみるとちょっと短絡的だったかもしれないとも思いました。
    不倫するにしても色々な事情があるので一概に結論を下すことは難しいと思いました。
    しかし、そうは言っても肯定的に考えるには難しいものもあります。
    夫婦がお互いに相手の浮気を容認していたりすれば別ですが、不倫には決まって波乱が付きまとい傷つく人が出てきます。
    夫婦だけならまだしも、子供がいれば最大の犠牲者となるかもしれません。

    出会い系サイトの利用が長いと独身者である私でさえ図らずも不倫の片棒を担いでしまうことがありました。
    既婚者であることを隠して出会いを求めてくる人や、旦那さんとは破綻していて離婚前提になっていることを前面に押し出してくる人など、様々です。

    当然、旦那さんに隠れて浮気を楽しんでいるという人もおりますが、リスクが高いので避けます。
    破綻していると言っても夫婦のことは良くわかりませんから、鵜呑みにはできません。
    旦那さんはやり直せると思っているかもしれませんし、あるいは離婚に際して有利となる状況を虎視眈々と狙っているのかもしれません。
    この場合もハイリスクだと思ってしまいます。

    望まなくても不倫する可能性がある時代 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    厄介なのは既婚者であることを隠している人です。
    男には既婚を隠す人がいそうな気がしますが、女性にもたまにいらっしゃいます。
    私が会った人は相手に迷惑を掛けたくないという理由から結婚していることを隠していたようですが、表沙汰になったときは一人で背負いきれるものではないと思います。
    さらに、責任を一身に背負うため見つかった後の立場は惨めなものになるような気もします。
    知ってから程なくして別れましたが、旦那さんに疎まれ相手にされない寂しさを紛らわしたいと言うことでしたので、何だか悪いことをしてしまったような気になりました。

    何れにしても、何時かはお相手の旦那さんが何らかのアクセスをしてくることは否めないわけです。
    離婚に至ってその結果慰謝料の請求ということもありうるわけですが、お金で解決できるのであればまだましなのかもしれません。
    お相手の将来のことも考えねばならないとすれば、お相手と結婚することも考えねばならないかもしれません。

    あるいは相手の旦那さんが慰謝料以外のことも要求してくるかもしれません。
    例えば、子供の養育費など。
    お相手に要求するとしても連帯責任で支払いから逃れられないかもしれません。
    様々なことが考えられますが、それらのことを被ったとしても不倫相手のことを大切に思えるならば、不倫もやむを得ないと思うときがあります。
    それはその人との定めなのかもしれません。
    人生にはそういうこともないわけではありません。

    私の性分としては不倫相手になるには覚悟が要ると思うのですが、…。
    現実は理想と掛離れており、図らずも不倫相手になってしまったものの覚悟が全然できていなかった。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング



  • 古今の日本人の生殖観念

    先日、どこかのネットニュースで知ったのですが、最近の高学歴女性の中には、面倒な旦那は要らないけど子供は欲しいという人が増えているとのこと。

    一方で、ネットを活用して精子を提供する男がいるそうで、しかも提供の方法に色々なオプションがあるとのことで、精子を何らかの容器に入れて提供する場合もあれば、場合によっては実際にセックスをして膣に直送するというオプションがあるそうでびっくりです。
    精子を容器に入れて提供する場合も、受け取った女性はどうするんだろうと考えてしまいます。
    産婦人科などの病院では当然そんな得体の知れない精子を使って人工授精をやってくれるとは考えられないので、受け取った女性は浣腸器のような器具を使って膣に流し込むのだろうかと想像してしまいます。
    希望する本人とっては深刻な問題なのかもしれませんが、不謹慎なことにアブノーマルな性癖の世界を想像してしまう私も変態なのでしょうか、…。
    何れにしてもこれらは有料で、いわば闇のビジネスのように感じますが、現在、このようなビジネスを取り締まる法律はないそうです。
    しかし、これはドン引きな商売です。
    利用する人はどんな人なんだろうと想像してしまいます。

    そこで、冒頭の旦那不要高学歴女子の記事が頭から離れません。
    精子提供の男どもは、一応、病歴や学歴など身元の細かい情報を精子希望者に公開しているそうですが、自分の人生や子供の人生にも大きな影響がありそうなことをそんな決め方で後悔しないんだろうかととても疑問です。
    どうやら、子供が産める期間が限られているにも関わらず、なかなか納得できる良い男に出会えないとなれば、とりあえず子供だけでも先に産んでおくという、非常に割り切った考えが根底にあるようなのです。
    良いと思った男が後から欠陥が見つかれば、何らかの理由をつけて離婚すれば何ら問題無しと、…。
    これは究極の割り切り方だなと恐れおののきます。

    古今の日本人の生殖観念 -SNS出会い系サイト攻略ランキング画像
     

    なんだか、日本の男女関係が崩壊し始めているような気がします。
    上記のような旦那不要女子とともに、草食男子・絶食男子のような男が増加しているそうです。
    50歳までに結婚しない男は20%に達しておりますし、女性も10%に達しております。
    私自身50代後半なので他人事ではありませんが、…。
    私の周りを見渡すと地方ではもっと比率が高いように感じます。

    前述の旦那不要女子たちのような女性たちは結婚そのものに価値や意義を見出していないのでしょうね。
    その点、男の方は結婚はしたいと思っている人は多いような気もします。
    結婚や夫婦関係あるいはその後の生活に対する考え方に問題があって結婚できなかったということで、したい気持ちはあったような気もします。
    若い男の中には、「結婚はコスパが悪い」と開き直る人も多いようです。

    生物学的に見ると男は、極端な話、生殖においてはただ一人いればいいだけなので、必然少数派となるのですが、医療技術を持っている人間においては男が有り余るのは自然なことではあります。
    しかも、中国のように親が勝手に経済的理由で男の子を優先するという不自然な生殖活動もあるので、自然界のバランスとは相反することになってしまいます。

    人間は社会を構成する動物であり、一人で生きていくことも難しい動物でもあります。
    そして、現代は、とりわけ現代日本においては男も女も動物的欲望が極度に低下しているんではないかと思います。
    日本の社会は幸せな人生を歩むには何かと障壁が多いもので、その障壁を打破するためには必然高スペックな男が求められる傾向にあり、その点において男は一抹の不安を抱えながらの競争を強いられる仕組みがあります。
    その競争に勝てそうもないと思ったり、その競争からの退避行動というか、あるいは競争による疲労感からの結果として、草食とか絶食となるのではないかと思うのです。

    一方で、このような男の競争社会に、男の評価尺度を持って参入しようとする女性は前述のような旦那不要女子になる傾向があり、男の評価尺度において自分と対等な価値を有する男しか受け入れたくないという考えがあると思われます。
    しかし、本来、男と女は性において異なる役割を持っており、その役割を平等にかつ正確に評価せねばならないと思います。
    それぞれの性そのものとその役割が、社会において不利になるような仕組みや尺度があってはならないと思うのです。

    「世界に一つだけの花」のように、個々人の個性そのものが評価されて、それが収入につながるような社会であれば、もっと良い男女関係を築くことができ、その結果出生率も向上すると思うのです。

    SNS出会い系サイト攻略ランキング